政策個表

タイトル 多彩な古代文化を活用した新たな地域文化の創造
施策・事業名称 古代出雲歴史博物館・古代文化センター
都道府県名 島根県 本件問合先 教育庁文化財課 古代文化センター
分野 教育・文化 0852-22-6724
kodai@pref.shimane.lg.jp
施策の
ポイント
【事業のねらい】
島根にとって歴史文化は大きな資源。例えば、全国最多の出土量を誇る荒神谷遺跡の弥生青銅器群(銅剣・銅矛・銅鐸)、全国唯一の完本として残る『出雲国風土記』、出雲神話、出雲大社の歴史と信仰などは比類のない固有のものであり、世界に誇れる最大の資産といっても過言ではない。この豊かな歴史的・文化的な伝統と遺産の特性を県民が十分に認識し、その恩恵に浴しながら、そのことを国内外にむけて「島根のよさ」として一層広めていく。

【運営の特色と活動方針】
東アジアを視野に入れながら、島根の特色ある古代文化について継続的・総合的に調査研究を行う古代文化センターとその研究成果を分かりやすく展示紹介する古代出雲歴史博物館が車の両輪として機能するところが大きな特色

【事業の効果】
1.風土や歴史、文化を新たな視点から見直す気運の醸成
2.歴史と文化を活かした地域づくり、郷土への誇りと愛着を持った人づくりによる創造性に満ちた未来の構築
3.産業・経済・文化などの活性化と観光振興に寄与
内容 《博物館と古代文化センターがめざすもの》
1.全国への情報発信
島根の特色ある歴史と文化を広い視野から調査研究し、モノと情報を体系的かつ継続的に収集し、その成果を全国に向けてアピールしていく。
また、オンライン配信を併用した講座・シンポジウム等の開催、古代歴史文化賞や14県連携による共同調査研究等の実施を通じて、島根の古代歴史文化を全国へ情報発信する。

2.調査研究
創造性に満ちた地域づくりに貢献していくために、最先端の調査研究を継続的に行い、常に新しく、親しみのもてる展示や情報の提供を行う。調査研究にあたっては、他県との共同研究なども含め、様々な研究分野と連携を図り、国内外の研究機関や皆さんと双方向の交流を行う。

3.国際的な視野での活動
島根の歴史と文化は国内外との広範な交流の中で育まれてきた。なかでも東アジア地域との歴史・文化的な交流を視野に入れた調査研究を進め、島根という「個別」地域から、「普遍」的な文化を解明していく。

4.島根の歴史文化の継承と発展の拠点
島根の歴史と文化に関するネットワークの結節点として、県内の博物館・資料館や学芸員と協力・連携を図り、調査研究や展示を行うと共に、情報の提供や資料の保護につとめる。これにより、郷土の成り立ちを理解し、新しい文化の創造に寄与していく。

5.人・物・情報の活発な交流
県民参加の場、学校教育とも密接に連携した学習機会の場として、地域に開かれた交流活動を行う。観光客を含め、大人から子供まで親しみやすく、常に新しい感動と発見を与えるような、人・物・情報の交流拠点とする。

【事業の効果】
1.風土や歴史、文化を新たな視点から見直す気運の醸成
2.歴史と文化を活かした地域づくり、郷土への誇りと愛着を持った人づくりによる創造性に満ちた未来の構築
3.産業・経済・文化などの活性化と観光振興に寄与

【取組の経緯】
・平成元年度 古代文化を活用し地域の活性化をはかる方途について提言(島根古代文化活用委員会)
1.<仮称>古代文化研究センターの設置
2.古代文化展の開催
3.歴史的遺産の保存と公開ができる施設の整備(古代出雲歴史博物館)

・平成4年度 古代文化センターの設置
提言を具体化する第一歩として、県の設置する研究組織として開設

・平成9年度 古代出雲文化展の開催
東京、島根、大阪の3箇所で開催(入場者数 約45万人)

・平成11年度 歴史民俗博物館・古代文化研究センター基本構想策定

・平成13年度 歴史民俗博物館・古代文化研究センター整備基本計画策定

・平成19年3月10日 古代出雲歴史博物館開館

・平成24年度 大出雲展(京都)・聖地の至宝(東京)の開催(入場者数 約22万人)

・平成25年度 古代歴史文化賞の創設

・平成26年度 14県連携による古代歴史文化協議会「古代歴史文化に関する共同調査研究」を開始

・平成30年度 古代歴史文化協議会展覧会「玉-古代を彩る至宝-」(江戸東京博物館、九州国立博物館、入場者計11万人)

・令和元年度 「出雲と大和」展開催(東京国立博物館・奈良県と共同)(入場者数約14万人)

【古代出雲歴史博物館の概要】
場 所 島根県出雲市大社町杵築東99番地4 (出雲大社東隣)
構 造 等 鉄筋コンクリート・一部鉄骨造 地上2階・一部3階・一部地下1階 延床面積:11,854.8㎡
展示内容 出雲大社境内遺跡出土の巨大柱(宇豆柱)
テーマ別展示
・出雲大社と神々の国のまつり
・青銅器と金色の大刀
・出雲国風土記の世界
神話展示
・出雲神話回廊(神話シアター)
総合展示
・島根の人々の生活と交流(・弥生王墓・古代出雲の玉作・石見銀山・たたら製鉄等)

・入館者数 H19年度41万人、H20年度31万人、H21年度22万人、H22年度22万人、H23年度20万人、H24年度49万人、H25年度50万人、H26年度29万人、H27年度26万人、H28年度24万人、H29年度27万人、H30年度24万人、R1年度17万人、R2年度9.5万人、R3年度10.4万人
島根県立古代出雲歴史博物館
島根県立古代出雲歴史博物館
関連
ホームページ
http://www.izm.ed.jp/