政策個表

タイトル わかりやすい公共サインを目指して
施策・事業名称 しずおか公共サイン整備アクションプログラム
都道府県名 静岡県 本件問合先 交通基盤部建設政策課
分野 地域振興・まちづくり 054-221-3190
kensei@pref.shizuoka.lg.jp
内容 1 背 景
静岡県では、広域的な交通ネットワークの構築や外国人観光客の増大による交流人口の拡大が見込まれ、また本県では、「おもてなし満足度日本一」の実現へ向けての施策を積極的に展開していることから、ユーザー重視の立場に立ったわかりやすい公共サインの整備は、重要な施策と考えています。

2 概 要
訪日外国人などの来訪者にわかりやすく、景観に配慮した道路案内標識、著名地点誘導標識や観光案内図の整備の基本方針となる「しずおか公共サイン整備ガイドライン」を平成18年度に策定し、このガイドラインを基に「地域別公共サイン整備行動計画」を20年度に取りまとめ、道路案内標識等公共サインの整備を進めています。

主な取組
(1)円滑な誘導案内
ア 道路案内標識の整備
・県が管理する道路案内標識約1,300枚の改善・新設
・著名地点案内標識(こげ茶色の法定外標識)の新設
イ 隣接県との連携
・隣接する山梨県、神奈川県と連携し、道路案内標識の表示内容の適正化等を実施

(2)ユニバーサルデザインへの対応
ア 英語表記の統一
イ 観光看板の多言語化
ウ ピクトグラムの活用
エ 道路案内標識における英字サイズの拡大(基準の1.3倍に)

(3)景観への配慮
ア 景観に配慮した色彩
・こげ茶色の著名地点誘導標識を新設
・こげ茶色の標識柱の採用
イ 看板の集約化、撤去
・富士山の眺望を阻害する看板(市、民間)と歓迎塔(県)を撤去
「しずおか公共サイン整備ガイドライン」に沿ったサイン整備例
「しずおか公共サイン整備ガイドライン」に沿ったサイン整備例
関連
ホームページ
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-030/sign/