政策個表

タイトル 県市町村共同による県域統合型GISの取り組み
施策・事業名称 地理情報システム推進事業
都道府県名 岐阜県 本件問合先 総務部情報システム課
分野 防災・危機管理
環境
健康福祉
農林水産
商工・労働
教育・文化
地域振興・まちづくり
058-272-1111
c11120@pref.gifu.lg.jp
内容 岐阜県では、統合型GISを1つの自治体だけでなく、県と県下の市町村が共同利用する「県域統合型」とすることにより、行政間の情報交流の活性化(縦割り行政の弊害打破)、行政コストの低減(地図整備コストの低減、業務効率化)を目的に、平成9年から市町村とともに事業の推進に取り組んできました。
平成18年度から県域統合型GISが本格稼動し、県および県下全市町村が共同利用しています。
本取り組みの特徴として次の点が挙げられます。
1.県、市町村が共同で共通地図である「岐阜県共有空間データ」を維持管理することで、県域レベルで地図業務の効率化、高度化を図る取り組みである。(コスト縮減)
2.1つの自治体だけでなく、県域全体で情報交流の活性化、情報の高度利用を促す取り組みである。(縦割り行政の打破、情報の高度利用)
3.様々な情報を地図と組み合わせて多様な情報サービスを提供できる。(住民サービスの向上)

なお、令和元年度からはLGWAN(総合行政ネットワーク)を利用した3世代目のシステムの運用を開始しています。

※主な活用事例
○施設管理台帳として
道路台帳・河川砂防施設管理、遺跡管理
○市町村、県(県民)との情報交流ツールとして
廃屋・空き店舗調査、外来生物生息調査、共聴施設実態調査
○県民への情報発信ツールとしての活用
ぎふふぉれナビ、クママップ、子育て支援お役立ちマップ、
岐阜県浸水想定区域図、岐阜県警犯罪発生マップ
岐阜県共有空間データの構成、県域統合型GISシステムイメージ
岐阜県共有空間データの構成、県域統合型GISシステムイメージ
関連
ホームページ
https://gis-gifu.jp/gifu/portal/index.html