政策個表

タイトル 地域精神保健福祉施策の推進
施策・事業名称 ACT-おかやま事業
都道府県名 岡山県 本件問合先 岡山県精神保健福祉センター
分野 健康福祉 086-272-8839
seishin@pref.okayama.jp
内容 【目的】
医療機関受診が困難であったり必要な支援を受けられず社会から孤立している重度の精神障害者に対し、医師、保健師、精神保健福祉士、作業療法士等で構成する多職種チームが訪問して医療・福祉・就労等の包括的なサービスの提供(ACT:Assertive Community Treatment)を行い、危機への介入・再入院の予防・退院促進等を行うことにより、重度精神障害者が地域で継続して生活できるよう支援する。

【内容】
1.県精神保健福祉センターに設置したACTチームによる訪問支援の実施
2.関係機関による支援ネットワーク会議の開催
3.精神障害者の包括的なサービスの提供について検討するため、検討会議を開催
4.関係職員に対する専門研修の実施
※平成23年度より、国において、ACT手法を用いた「アウトリーチ推進事業」がモデル事業として実施されている。

【実施事例・効果】
・治療中断していて地域住民とトラブルを起こしていた精神障害者に対し、ACTチームが訪問してサービスを提供し、病状の安定を図り、入院を回避することができた。
・近隣への迷惑行為から措置入院になった精神障害者について、ACTチームが関与して、主治医等と連携をとりながら地域住民への説明会や外泊中の支援等を行うことにより、円滑で早期の退院を行うことができた。