政策個表

タイトル 〜くらしに運動・スポーツの習慣を!〜3033運動
施策・事業名称 3033(サンマルサンサン)運動 の推進
都道府県名 神奈川県 本件問合先 スポーツ局スポーツ課健康・生涯スポーツグループ
分野 教育・文化 045-285-0796
kenkou-shougai.7428@pref.kanagawa.jp
内容 1.「3033運動」のねらい
県民が運動やスポーツに親しみ、健康で明るく豊かな生活を営むことができるように、1日30分・週3回・3ヶ月間継続して運動やスポーツを行う「3033運動」に取り組み、県民だれもが、いつでも、どこでも、そして、いつまでも、運動やスポーツを行うことができる生涯スポーツ社会の実現をめざすとともに、未病の改善にもつなげていきます。

○「3033(サンマルサンサン)」とは、1日30分、週3回、3ヶ月の数字をつなぎ合わせたものです。
・1日につき30分の運動時間は、運動効果を得るために最低限必要な時間です。(時間がない人は、10分程度の運動を3回でもよいです)・週3回の運動頻度は、運動効果が最も高いと考えられ、できれば2日に1回運動することが効果的です。
・3ヶ月間続けることは、運動を習慣化するために必要な期間であり、運動効果が現れてきます。

2.「3033運動」の位置付け
「3033運動」については、神奈川県スポーツ推進条例に基づき、平成29年3月に策定した神奈川県スポーツ推進計画「エンジョイ・スポーツ! かながわプラン」において、「視点1 誰もが生涯を通じて楽しめるスポーツ活動の推進」の中に位置付け、ライフステージに応じた取組を推進しています。具体的には、乳幼児期では、親子が取り組める体操リーフレットなどの配布により、親子や家族で取り組むことを推進しています。成人期では、市町村や企業と連携した運動プログラムのリーフレット配布などによる「3033運動」の普及・啓発や、企業やNPOと連携したスポーツイベントの実施による「3033運動」の実践を行っています。円熟期では、健康課題の解消や生活の質の向上などを図るため、スポーツ関係団体と連携し、高齢者向けの「3033運動」プログラムの普及と活用を促進しています。

3.「3033運動」の主な取組み
○「3033運動」啓発物品の作製・配布
・ポケットティッシュ、タオル、3033階段ステッカー、「親子ふれあい体操」リーフレット、「3033運動で健康長寿」パンフレット、ポスター・チラシ、「3033スキマヨガ」DVDなどを作製・配布しています。

○「3033運動」普及員の養成活用事業
・スポーツ指導者、スポーツ推進委員などを対象とした「3033運動」普及員養成のための講習会を開催しています。

○「3033運動」活性化事業
・県・市町村や各団体が実施する催しの中で、県がブースを設置するコーナー(体力測定・スポーツ体験コーナーの実施や普及・啓発資料の配布など)を設け、3033運動のキャンペーンイベントを開催しています。
・「3033運動」の実践・継続に向けた普及では、3033階段ステッカーの作製や、啓発用ポスター・チラシを配布しています。

○子どもの「3033運動」奨励事業
・親子ふれあいリーフレットを作製し、様々なイベント等で配布しています。
・NPOと連携をして子ども向けイベントに参加し、「かながわ体力つくり☆キラキラ体操」を紹介しています。

○横浜ランドマークタワー・スカイクライミング
・運動やスポーツをくらしの一部として習慣化できるよう「階段のぼり」を推奨するた
めに横浜ランドマークタワーの約1,500段を登って最上階を目指す大規模イベントを開催しています。

○その他(広報)
・県ホームページ掲載、かなチャンTV放送、県広報誌への掲載などを実施しています。

4.主な効果
「3033運動」を全県的な取組みとし、ライフステージに応じたスポーツ活動を推進することで、子どもの体力向上や、未病の改善、健康寿命の延伸など多様な県民ニーズに対応した取組みとして展開することができた。
親子ふれあい体操リーフレット3歳~6歳編
親子ふれあい体操リーフレット3歳~6歳編
関連
ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ui6/3/3033.html