政策個表

タイトル 福島県男女共生センター「女と男の未来館」の設置・運営
施策・事業名称 男女共同参画の推進
都道府県名 福島県 本件問合先 福島県生活環境部男女共生課
分野 その他 024-521-7188
danjo@pref.fukushima.lg.jp
内容 1 施設の目的
福島県男女共生センター「女と男の未来館」は、性別の違いにより行動や生き方を狭められたり、特定の仕事や役割がどちらか一方の性に偏ったりすることなく、女性も男性も個人として尊重され、互いに支え合い、共に責任を担う社会「男女共同参画社会」の実現を目指して設立されました。自己啓発や積極的な社会参加を通して、一人一人が主体的に男女共同参画についての問題に取り組み、豊かな人生を送るための実践的活動拠点として活用していただく施設です。

2 施設の概要
(1) 名称:福島県男女共生センター「女と男の未来館」
(2) 開館日:平成13年1月18日
(3) 場所:福島県二本松市郭内1丁目196-1
(4) 主な施設
ア 400人収容の研修ホール
イ 会議や研修等に使用できる研修室(10室)
ウ 福祉機器・介護用品を展示する福祉機器展示室
エ 生活全般の悩みについて電話や面接による相談を行う相談室
オ 介護に関する様々な実習を行う介護実習室
カ 育児中の方が講演や研修に参加できるように託児室として利用可能な子供室
(5) 宿泊室
宿泊室が22室あり、最大50人の宿泊が可能です。

3 センターの3つの機能
(1)情報機能
男女共同参画についての情報、専門図書、資料などを収集・提供し、男女が新しいパートナーシップの確立に向けて自己啓発し、活動していくことを支援します。
○図書室
図書・資料 約4万1千冊(目標収蔵数5万冊)
調査研究コーナー 3席
利用者公開端末 4台 など
また、男女共同参画に関する問題を明らかにするための調査研究や民間グループの研究支援を行います。
○公募研究の実施
全国・世界に発信できるレベルの高い学術研究を全国に公募し、成果を発信しています。
(2)自立促進機能
男女共同参画に関する講座や講演会などを開催し、男女平等に向けた意識変革をしながら、男女が互いに個人として自立し、責任を担う力をつけて、共に社会参画できるよう支援します。また、様々な人間関係の中から生じる悩みの相談に応じ、不安のない豊かな生活を送ることも支援します。
(3)交流機能
男女共同参画社会の実現に向けた地域づくりを促進するため、当センターを自主的な交流の場として提供し、男女の平等と自立を目指す個人や様々な団体・グループ間の相互交流を支援します。
福島県男女共生センターの外観
福島県男女共生センターの外観
関連
ホームページ
http://www.f-miraikan.or.jp