政策個表

タイトル やまなしクールチョイス県民運動
施策・事業名称 やまなしクールチョイス県民運動推進事業
都道府県名 山梨県 本件問合先 環境・エネルギー部 環境・エネルギー政策課
分野 環境 055-223-1506
kankyo-ene@pref.yamanashi.lg.jp
内容 1 目的
地球温暖化が深刻さを増す中、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE(賢い選択)」に呼応し、県民一人ひとりが、日常生活の中で身近にできる省エネの取り組みやエコ活動など、地球温暖化対策に資する取り組みを賢く選択して実践する「やまなしクールチョイス県民運動」を展開し、県民総参加の運動とすることで、「山梨県地球温暖化対策実行計画」に基づく温室効果ガス排出量の削減目標の達成と、県民共有の長期ビジョンとして掲げた「CO2ゼロやまなし」の実現を図ることを目的とする。

2 概要
今、チョイスできるアクション!として、地球温暖化対策につながる「賢い(クール)選択(チョイス)」に取り組む。
(1)環境家計簿をつけて賢く省エネ・賢く節約
家庭で消費されるエネルギー量を記録し、排出される二酸化炭素の量を知って、その削減に努める。
(2)クールシェア・ウォームシェアで家庭の省エネ
夏の暑い時期は涼しい場所を、冬の寒い時期は暖かい場所を、みんなで分かち合って、家庭で使用するエネルギー量を削減する。
(3)緑のカーテンで夏を涼しく
夏場の冷房時等に排出される二酸化炭素を削減するため、つる性植物で緑のカーテンを作り、エアコンの使用を控える。
また、山梨ならではのぶどうのカーテンに取り組む。
(4)エコドライブで二酸化炭素排出量の削減と安全運転
自動車から排出される二酸化炭素を削減するため、環境に優しい運転方法であるエコドライブを実践する。
(5)マイバッグでおしゃれに買い物して環境に優しく
レジ袋など使い捨ての買い物袋を削減するために、買い物にはマイバッグやマイバスケットを持って行く。
(6)その他賢い選択の例
・エコはしの持参、使用
・マイボトルの携帯
・省エネ家電を選択

3 やまなしクールチョイスサポーター
「やまなしクールチョイス県民運動」の趣旨に賛同し、地球温暖化対策に率先して取り組む個人や団体・企業等をやまなしクールチョイスサポーターとして登録する。

4 実績(R3.3.31現在)
・やまなしクールチョイスサポーター:1,061人・団体(個人:662人、団体・事業者:399事業者)
・環境家計簿「えこメモ」登録者数:1,241人
・緑のカーテン取り組み情報の募集:応募総数50件(個人:26件、団体:24件)
・エコドライブ宣言車数:69,846台
関連
ホームページ
http://www.pref.yamanashi.jp/kankyo-ene/coolchoice.html