政策個表

タイトル カーボン・オフセットによる地球温暖化対策の推進
施策・事業名称 高知県版J-クレジット制度
都道府県名 高知県 本件問合先 高知県林業振興・環境部自然共生課
分野 環境 088-821-4554
030701@ken.pref.kochi.lg.jp
内容 高知県では、平成22年2月に環境省が創設したオフセット・クレジット(J-VER)制度(プロジェクトによって実施された温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに利用できる市場流通型クレジットとして認証、発行する国際標準であるISO14064-2に準拠した制度)の都道府県J-VERプログラムである高知県オフセット・クレジット(高知県J-VER)制度(以下、県J-VER制度)に取り組み、平成24年度末までに11件のプロジェクトが登録され、延べ9,206t-CO2のクレジットが認証・発行されている。
さらに、オフセット・クレジット(J-VER)制度と国内クレジット制度が統合されてJ-クレジット制度が創設されたことにより、平成25年10月からはJ-クレジット制度の地域版制度である高知県版J-クレジット制度を運営しており、県J-VER制度から累計して、令和3年度末現在で12プロジェクトにより10,444t-CO2のクレジットが認証・発行されている。
地域版制度により発行されたクレジットは、イベントの開催などに伴い排出されるCO2排出量のオフセットや商品にクレジットを付けて販売する環境貢献型商品等に活用されており、令和3年度末現在で4,287t-CO2のクレジットが販売等されている。
なお、地域版制度では森林吸収プロジェクトを対象としてきたが、森林の有する環境価値を経済化する取組をさらに拡大するため、平成26年度からは木質バイオマスによる排出削減プロジェクトも対象に追加し、林業の経済性の向上と温暖化対策を促進する環境ビジネスのさらなる推進に取り組んでいる。