政策個表

タイトル とくしま集落再生プロジェクト
施策・事業名称 とくしまサテライトオフィスプロジェクト
都道府県名 徳島県 本件問合先 地域振興課 集落・地域再生担当
分野 地域振興・まちづくり
人口減少対策
088-621-2745
chiikishinkouka@pref.tokushima.lg.jp
内容 【背景・ねらい】
本県の過疎地域では、いわゆる「限界集落」の割合が、全国平均の「15.5%」を大きく上回り、「35.5%」となっている。(平成22年4月30日現在)

そこで、県では集落再生を「県民共通の課題」と捉え、「とくしま集落再生プロジェクト」として、36項目に及ぶ「実践的な取組策」を取りまとめ、できることから速やかに着手する「攻めの集落再生」に挑戦している。(平成24年3月作成、毎年度末に改訂)

なかでも、「とくしまサテライトオフィスプロジェクト」の取組は、「とくしま集落再生プロジェクト」の中核であり、都市から地方への流れを生みだす「地方創生」の先進事例として全国から注目を集めている。

この取組は、東日本大震災の影響により、首都圏の企業が、リスク分散のため、情報通信技術を活用した時間・場所にとらわれない、「テレワーク」「モバイル勤務」「サテライトオフィス勤務」など、従来の働き方を見直していることに着目し、「全県CATV網構想」により「限界集落」と呼ばれる過疎地域にまで整備された、「全国屈指のブロードバンド環境」を最大限に活かし、過疎集落の「空き家」となっている古民家や遊休施設を首都圏のICT企業の「サテライトオフィス」として活用することで、従来の「企業誘致」でなく、交流人口を増やす、いわば「人材誘致」という視点から、集落の再生、地域の活性化に取り組む、これまでにない全く新しい「集落再生モデル」づくりである。

本県の優位性や魅力を体感する視察ツアー、遊休施設の改修による環境整備支援、受け入れ体制の充実や戦略的な情報発信を行い、スピード感を持って、積極的な誘致活動を展開している。

取組から4年あまりで、神山町や美波町、三好市などに34の企業が「サテライトオフィス」を開設し、徳島から新しい働き方を発信している。

【主な施策】
■推進体制
「サテライトオフィス」の誘致活動を成功に導くタスクフォースとして官民協働による「とくしまサテライトオフィス・プロモーションチーム」を設置。

■「コンシェルジュ(総合お世話係)」の配置によるおもてなし
1 企業からの相談への対応(利用可能古民家情報の提供,進出後の日常生活支援等)
2 視察希望者の受け入れ対応
3 企業が提供するシェアカーの運営管理
4「とくしまサテライトオフィスプロジェクト」に関する情報をホームページなどでタイムリーに発信
5 住民と進出企業各地域の企業同士の交流イベントの実施

■神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスの整備
閉鎖された町有施設(元縫製工場)を改修し、ワーキング・スペースとして整備したもので、神山町におけるサテライトオフィスの集積の場であるとともに、企業間交流や地域住民との交流の場としても活用されている。(平成25年1月23日開所)
事業費 8,103千円(県 3,000千円、神山町 3,000千円、NPO法人グリーンバレー 2,103千円)
無線LAN(1ギガbps),有線LAN(100メガbps)配備、薪ストーブの利用

■助成・補助制度
サテライトオフィス利用者が地域で継続的に活動し地域経済の活性化につなげるため、過疎地域に常駐し、5年以上事業活動を実施する等の要件を満たす場合に「ランニングコスト」の経費を助成。移住予定者が行う古民家など木造住宅の耐震化工事等の経費を補助。

1 事務機器、通信回線使用料及び事務所の賃借料の1/2を3年間助成(事務機器・通信回線使用料は上限100万円/年、事務所賃借料は30万円/年)
2 新規地元雇用者増に対する助成 ※3名以上を雇用した場合に限る。
・期間の定めのない労働者 … 1人当たり30万円
・週30時間以上勤務する契約社員又はパート社員 … 1人当たり15万円
3 本社機能を移転した場合、新たに上記1、2の助成を行う。
4 木造住宅の耐震化・リフォーム工事に対し、工事費の1/2〜2/3、上限40万円〜60万円を補助
5 サテライトオフィス進出企業の持つ優れた技術やクリエイティブな人材の活用による地域貢献に資する取組に対する助成:1事業あたり上限50万円

【事業の効果】
オフィス利用者と地域との「ウイン・ウイン」の関係が生まれ、過疎化が進む地域の処方箋として、「徳島モデル」を全国はもとより世界に発信することにより「地方創生」の先進事例として注目されている。
1 オフィス利用者
(1)リスクの分散
(2)社員の心身リフレッシュ、斬新な発想
(3)地元の方々との交流を通じて生まれる地域貢献
2 地域側
(1)地元企業等とコラボした「新たなビジネスモデル」の誕生
(2)SNSなど、口コミによる特産品の販路開拓、観光振興
(3)地元の子どもたちや若者への働き方のヒント
(4)新たな雇用の創出
サテライトオフィス実証実験 (神山町・美波町)
サテライトオフィス実証実験 (神山町・美波町)