政策個表

タイトル 学校における国際交流の推進
施策・事業名称 徳島グローバルスタンダード人材育成事業
都道府県名 徳島県 本件問合先 徳島県教育委員会グローバル・文化教育課グローバル人材育成担当
分野 教育・文化 088-621-3206
事業実施期間 平成24年5月8日 ~ globalbunkakyouikuka@pref.tokushima.jp
内容 ◎平成26年度までは本事業名称は「学校を拠点とした地域国際理解教育推進事業」
1 趣 旨
急速に国際化が進展する中,児童生徒のグローバルマインドを育成するため,発達段階に応じて国際理解教育をしていく必要がある。近年は,韓国や台湾等のアジア諸国との交流が盛んになっており,児童生徒が英語圏以外の多様な文化を持つ人々と交流する必要性が高まっている。
本県においては,友好協定を結ぶドイツ・ニーダーザクセン州との交流に加え,カンボジア等の東南アジアの国々との交流を促進している。
そこで,海外からの教育旅行の受入れ態勢を整備し,学校における国際理解教育を円滑に実施するとともに,児童生徒の国際感覚の醸成や語学力向上を図る。

2 事業内容
(1)海外の学校との学校間交流推進プロジェクト
各学校において,海外の学校と交流を行い,国際理解の推進を図る。

(2)国際教育旅行(修学旅行)等による交流受入校支援プロジェクト
中国等からの教育旅行(修学旅行)の受入時に,児童生徒が地域の特性や学校の
特色を生かした交流メニューを作成したり,記念品の製作を行うなど,主体的に異文
化交流に参加することにより,グローバルマインドの育成を図る。

3 令和元年度実績

実施月 おもな取組内容
※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により,令和2年2月以降に予定していた海外研修は全て中止となりました。

4月 台湾 花連県花連高級中学校の高校生36名を受入れ,学校交流
・徳島市立高校
台湾 国立虎尾高級中学校の高校生18名を受入れ,学校交流
・池田高校
5月 台北市 復興高級中学校の高校生32名を受入れ,学校交流
・名西高校
台中市 青年高級中学校の高校生16名を受入れ,学校交流
・徳島北高校
台湾 国立二林高級工商職業学校の高校生17名を受入れ,学校交流
・つるぎ高校
7月 ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン州チチリアン・ギムナジウム
及びエンゲルベルト・ケンペル・ギムナジウムの高校生計14名を受入れ,学校交流
・名西高校,徳島北高校
インドネシア ジャカルタ市ミトラ職業学校,ミトラ職業高校附属小学校を生徒19名,教員2名が訪問
・城東高校
9月 ドイツ ニーダーザクセン州リーゼ・マイトナー・ギムナジウムの高校生6名を受入れ,学校交流
・城北高校
ドイツ ニーダーザクセン州ヴィルヘルム・ブシュ・ギムナジウムの高校生10名を受入れ,学校交流
・小松島高校
11月 ドイツ ニーダーザクセン州シェーラベルク職業学校の高校生7名を受入れ,学校交流
・徳島商業高校
ドイツ ニーダーザクセン州ブリンクシュトラーセ職業学校の生徒9名を受入れ,学校交流と共同制作
・徳島科学技術高校
4 令和2年度実績 新型コロナウイルス感染症拡大のため事業中止

5 令和3年度実績(オンライン交流等)
・城北高校 リーゼ・マイトナー・ギムナジウム(4・7・1月)
・小松島高校 ヴィルヘルム・ブシュ・ギムナジウム(4月)
・鳴門高校 エルンスト・ロイター学校バッテンゼン(6・12・2月)