政策個表

タイトル キャリア教育の充実を目指して
施策・事業名称 未来を拓く!あきたの高校生学び推進事業
都道府県名 秋田県 本件問合先 教育庁高校教育課
分野 教育・文化 018-860-5165
koukou@pref.akita.lg.jp
内容 【目的】
教育を取り巻く社会状況が大きく変化する中、「教育立県あきた」を目指し、家庭、地域等との連携により力強い教育を推し進めてきている本県において、高校生が自らの未来を力強く切り拓いていくために必要な資質・能力を身に付けることができるよう、高校生の学びを総合的に支援することを目的として、平成30年度から「未来を拓く!あきたの高校生学び推進事業」を実施している。

【取組内容】
キャリア教育の充実を事業の柱に据え、高校生一人一人が将来、社会的・職業的に自立するために必要となる資質・能力の育成を進めている。

1.キャリア教育充実事業
高校生が将来に向けて志を高く掲げ、学習意欲を高めるとともに、体験的な活動等を通して、社会的・職業的自立に必要な資質・能力の育成を図る。
(1) 高大連携高校生サマーキャンプ
高校1年生を対象に、県内大学等を会場としてガイダンスを実施し、大学で学ぶことができる学問の内容や大学卒業後の職業等について系統的に理解を深めるとともに、そのために必要となる学習への意欲を高めることにより、高校生の将来設計を支援する。

(2) 社会人講師の活用
生徒が自らの学習を深化させるとともに、望ましい職業観・勤労観を身に付けるため、最新の技術や専門知識を有する社会人講師を学校に招いて直接授業等で指導を受ける機会を設ける。

(3) ものづくり教育の充実
高校生が地域を支えるものづくり産業についての理解を深め、自らの技能を高めながら学習や研究の成果を広く発信することにより、地域の担い手としての自覚や起業意識の醸成を図るために、各種事業を実施する。

2.地域を支える人材育成事業
高校生が地域の一員として、その良さや課題を主体的に捉え、将来、地域を支え、地域で活躍できる人材の育成を図る。
(1) インターンシップの推進
高校2年生までに各事業所等で就業体験を行うことにより、働くことの意義や職業についての理解を深め、主体的に職業選択ができる能力の育成を図る。また、地域連絡協議会を県内9地区でそれぞれ開催し、活動の一層の充実を目指す。

(2) 地域連携強化事業
特別活動、総合的な学習(探究)の時間や部活動等において、学校と地域社会との結び付きを強化するために各校が行うキャリア教育の取組を支援する。

3.学力向上推進事業
高等学校における探究的な学習活動や、主体的・対話的で深い学びの視点による組織的な授業改善を推進し、高校生の確かな学力を育成する。
(1) 秋田県高等学校学力・学習状況調査
高校段階での基礎的な学習の達成度を把握し、その結果を分析することにより、各校における学習指導の改善・充実に資するとともに、高校教育の質の保証を図る。また、高校生の進路志望や学習意欲、学習理解等に関する現状を把握し、各校における授業改善の方向性を定める。

(2) 探究活動等実践モデル校事業
次期学習指導要領の方向性として、課題の発見と解決に向けた主体的・対話的な学習・指導方法など、教育内容の質の向上が求められていることから、「探究活動等実践モデル校」を指定し、主体的・対話的で深い学びの視点からの授業の改善・充実やカリキュラムマネジメントを推進する。本事業は、高校生が高い志と意欲を持った自立した人間となるように、他者と協働しながら主体的に価値の創造に挑み、未来を切り拓いていく力を身に付けることを目的とする。

(3) スーパーサイエンスプログラム
生徒の知的好奇心を喚起し、探究心を養い、科学的な思考力・表現力等を高めるとともに、教員研修や協議会等の実施による理数系教員の指導力を向上させることにより、キャリア教育に基づいた理数教育の充実を図る。
【SSH支援事業】
・スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校協議会
・スーパーサイエンスハイスクール(SSH)合同発表会
【高大連携事業】
・東北大学大学院理学研究科研修
・理数科合同研修会
・数学オリンピックセミナー
【科学の甲子園全国大会秋田県予選会】
【博士号教員によるサイエンスカンファレンス】
【中高一貫校合同研究発表会】
「高大連携高校生サマーキャンプ」の様子
「高大連携高校生サマーキャンプ」の様子
関連
ホームページ
http://www.pref.akita.lg.jp/kokokyo/