政策個表

タイトル 再生可能エネルギーの導入検討に必要となる基本情報をワンストップで確認できる全国初の「再生可能エネルギー導入支援システム」を公開しました!
施策・事業名称 再生可能エネルギー導入支援システム
都道府県名 福岡県 本件問合先 企画・地域振興部 総合政策課エネルギー政策室
分野 環境
商工・労働
地域振興・まちづくり
092-643-3148
事業実施期間 平成24年7月24日 ~ energy@pref.fukuoka.lg.jp
施策の
ポイント
再生可能エネルギーの導入検討に必要となる日照時間や風況など適地に関する情報をワンストップで確認できる
内容 1 事業の目的
地域においてエネルギーを安定的に確保するためには、エネルギーの効率的利用とともに、エネルギー供給の多様化・分散化を図ることが重要な課題となっており、その大きな柱の一つとして再生可能エネルギーが期待されています。
平成24年7月1日には、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(再生可能エネルギー固定価格買取制度)が施行され、民間事業者や市町村等において太陽光発電設備など再生可能エネルギー導入の動きが加速しております。
福岡県では、このような民間事業者や市町村等の取組を支援するため、再生可能エネルギーの導入検討に必要となる日照時間や風況など適地に関する基本情報をワンストップで確認できる全国初の「再生可能エネルギー導入支援システム」を構築し、ホームページ「ふくおかのエネルギー」で平成24年7月24日から公開を開始しました。


2 システムの特長
(1) 詳細なデータを提供
日照時間や風況、バイオマスの賦存量に加え、標高や送電線からの距離など再生可能エネルギーの導入に役立つ基本的な情報を、県内全域において250mメッシュで確認できます。
(2) わかりやすいマップで簡単に検索
地図の拡大・縮小やスクロールも簡単に行うことができ、鮮明な航空写真の表示も可能で、知りたい場所をすぐに検索できます。
(3) 希望条件から適地を簡単に検索
日照時間や風況などの希望条件を入力するだけで、簡単に適地を検索できます。
(4) 太陽光発電の年間発電量を簡単に試算
250mメッシュを選択して、太陽光パネル(屋根等)の向き、設置角度、設置容量(規模)を入力するだけで、太陽光発電の年間発電量を簡単に試算することができます。

3 今後の取組み
令和元年度は、土砂災害警戒区域の検索システムの改良を行っております。
システムの掲載データや操作性については、利用者からの意見等を参考に、改良を行ってまいります。
福岡県では、今後もシステムの利便性の向上を図りながら、民間事業者、市町村における再生可能エネルギーの導入を支援するための環境整備に取り組み、「環境にも配慮したエネルギーが安価かつ安定的に供給される社会の実現」を目指してまいります。

【参考】
○平成26年度新エネ大賞(新エネルギー財団会長賞)を受賞!
「再生可能エネルギー導入支援システム」は、『複数の基本情報をワンストップで提供し、再生可能エネルギー導入の可能性を検討する支援システムとして優れている』ことが評価され、平成26年度「新エネ大賞」(新エネルギー財団会長賞)を受賞しました。

○令和3年度末 システム利用者数 : 10,420名
(※平成24年7月24日〜令和4年3月31日の利用者数を集計)
チラシ
チラシ
利用方法
利用方法
チラシ
チラシ
関連
ホームページ
https://www.f-energy.jp/