政策個表

タイトル 「神話のふるさと みやざき」ブランドの確立
施策・事業名称 記紀編さん1300年記念事業
都道府県名 宮崎県 本件問合先 総合政策部 みやざき文化振興課
分野 商工・労働
教育・文化
地域振興・まちづくり
0985-26-7099
miyazaki-bunkashinko@pref.miyazaki.lg.jp
内容 宮崎県は、古事記や日本書紀に描かれた日本発祥にまつわる日向神話の舞台であり、多くの神話や伝承、それらにちなんだ伝統文化やゆかりの地などが県内各地に残されています。
記紀編さん1300年記念事業は、古事記編さん1300年の平成24年から日本書紀編さん1300年の令和2年までの9年間をかけて、県民一人ひとりが、本県だけが持つオンリーワンの資源(宝)としっかりと向き合い、日向神話や伝説、史跡など本県の宝を再認識するとともに、県民の力を結集し、その磨き上げや情報発信を行うことにより、地域の活性化や将来の県づくりに繋げていく取組です。

【ねらい】
1.みやざきの宝の再認識
2.新たな県づくりに向けた県民の力の結集
3.県内外への情報発信と観光交流の活発化


【4つの視点】
1.神話・伝承など資源の掘り起こし、再認識、保存及び整備
2.県民の知る機会・触れる機会の創出
3.「神話のふるさと みやざき」ブランド定着
4.多様な分野での活用の促進


【目指す姿】

1.次世代への継承
・有形無形の文化財の保護・継承
・みやざきの神楽のユネスコ無形文化遺産登録
・世界文化遺産も視野に入れた西都原古墳群等の調査研究の充実及び気運醸成

2.県民総語り部化
・子どもたちの郷土への関心や誇り、愛着を育む
・県民の記紀に対する認知度向上
・県民総てが「語り部」として、ふるさと宮崎を発信

3.「神話のふるさと みやざき」ブランド定着
・地域特性を生かした新たな魅力づけ
・観光交流の活発化
・県民総参加による国民文化祭の開催

4.地域活性化
・地域特性を生かした差別化、高付加価値化の実現
・ふるさと宮崎の再発見


【具体的な事業展開】

1.県民の知る機会・触れる機会の創出
・「神話のふるさと県民大学」の開催(県民向けリレー講座、講演会、小中高校生向け出前授業)
・県民自らが神話・伝説、神楽などの地域資源を活用して実施する事業への支援
・神話等に関するデータベースの構築

2.都市部におけるプロモーション
・首都圏大学等における講座の開催
・神話ゆかりの県との連携によるシンポジウム等の開催
・博物館、劇場、民間商業施設等との連携によるプロモーションイベント等の開催

3.インターネット活用によるプロモーション
・河瀨直美監督「神話のふるさと みやざき」プロモーション映像の配信
・ホームページ制作・拡充
・SNSの活用による情報発信
記紀編さん1300年記念事業・概念図
記紀編さん1300年記念事業・概念図
イメージポスター「神話の源流へ。」
イメージポスター「神話の源流へ。」
河瀨直美監督プロモーションビデオ「美しき日本 宮崎」の一シー
河瀨直美監督プロモーションビデオ「美しき日本 宮崎」の一シー
「みやざきの神楽」世代を超えて紡がれていく”絆”
「みやざきの神楽」世代を超えて紡がれていく”絆”
関連
ホームページ
http://www.kanko-miyazaki.jp/shinwanofurusato/
https://www.facebook.com/shinwamiyazaki