政策個表

タイトル 香川県がん教育推進事業~子どもの心に響くがん教育~
施策・事業名称 香川県がん教育プログラム及び教材の開発
都道府県名 香川県 本件問合先 香川県健康福祉部健康福祉総務課
分野 健康福祉 087-832-3261
事業実施期間 平成23年12月3日 ~ kenkosomu@pref.kagawa.lg.jp
施策の
ポイント
1.平成18年6月に「がん対策基本法」が制定され、がん対策を総合的かつ計画的に推進することとされた。


2.議員提案による「香川県がん対策推進条例(平成23年香川県条例第34号)」第14条に、「がん教育の推進」が位置づけられ、県は、学校関係者、保健医療関係者等と連携し、児童・生徒が、がんやがんの予防について理解を深めるために必要な 施策を実施することとされた。

3.「第2次香川県がん対策基本計画」の分野別施策に、「がん教育の推進」を位置づけ、平成29年度までに、すべての中学 校で、がん教育を行うことを目標に掲げた。

4.香川県のがん教育プログラムでは、小学校3年生、6年生、中学校3年生、高等学校2年生を対象に、それぞれの発達段階 に応じて県が独自に開発した教材及び指導の手引書を用いることにより、どの学校においても1時間完結型の授業で、 一定の知識が得られるよう工夫した。

5.がん教育プログラムの検討の段階から、教育・保健・医療・行政の関係者が連携協力して取り組んだことにより、試行授業 の実施校の選定や教材に関する意見集約が円滑に実施できた。
内容 1.香川県がん教育プログラム検討会及び作業部会の設置
(1)平成23年12月に、医療・教育・行政の関係者、がん患者等で構成する「香川県がん教育プログラム検討会」を設置し、 香川県におけるがん教育のあり方、先進事例の検証、教材の検討などを行った。
(2)平成24年度に、小・中・高の教諭や香川大学教育学部の関係者等で構成する作業部会において、発達段階に応じた教 材や学習指導 案の作成を行った。
○がん教育の対象学年及び教材
・小学校3年生:紙芝居「ガンダーをやっつけろ!」、ワークシート
・小学校6年生:スライドショー「がん博士になろう!がんのひみつ」、ワークシート
・中学校3年生:スライドショー「科学的ながんの知識 がんちゃんと学ぼう」、DVD「がんちゃんの冒険(日本対がん協 会)」、ワークシート
・高等学校2年生:DVD「保健サービスとその活用~がん検診の大切さを考える~」、ワークシート

2.試行授業の実施
平成24年度に、小学校2校、中学校1校、高等学校1校において、県が独自に作成した教材を用いて試行授業を実施し た。授業終了後に、試行授業を実施した学校の関係者や、参観した香川県がん教育プログラム検討会及び作業部会の構 成員による意見交換会を開催し、教材の検証を行った。

3.「香川県がん教育の手引き」の作成・配布
(1)平成25年度に、教育・保健・医療・行政の関係者で構成する「香川県がん教育推進委員会」を設置し、今後のがん教育 の進め方や「香川県がん教育の手引き」の作成について検討を行った。
(2)試行授業の実践や「香川県がん教育推進委員会」の意見を踏まえ、香川県のがん教育の基本的な考え方や教材の取 扱い方法、指導例等について解説した手引書を作成し、すべての小・中・高校に配布した。
関連
ホームページ
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kenkosomu/cancer/kyouiku.html