政策個表

タイトル とちぎの林業 再生戦略
施策・事業名称 次世代の森林創生実証事業等
都道府県名 栃木県 本件問合先 環境森林部森林整備課
分野 農林水産 028-623-3298
事業実施期間 平成28年4月1日 ~ shinrin-seibi@pref.tochigi.lg.jp
内容 【目的】
木材需要の多様化、増大への対応と、新たな林業経営、適正な森林管理を促進するため、全量出材型皆伐による森林資源の循環利用を図り、とちぎの林業の成長産業化を目指す。

【事業概要】
1 次世代の森林創生実証事業
H26~H27に実施した森林資源循環利用先導モデル事業の成果と課題を踏まえ、川上から川下までの異業種間で連携したグループが取り組む大面積地における全量 出材型皆伐の成果を通して、皆伐施業の促進を図る。

・グループへの支援要件
(1)川上~川下の異業種間連携による木材の安定取引に関する協定締結
(2)再造林・保育に関する施業契約の締結
(3)森林資源をフル活用する全量出材型皆伐の実施
(4)グループでの実行経費負担
(5)1箇所当たりの皆伐面積は5ha以上
(6)川上の事業体による「経営戦略方針」の作成

・実施期間 H28~H29

2 県行造林における一貫施業の実践
県のコーディネートにより、立木購入者、土地所有者が連携して一貫施業(伐採・搬出・地拵・植栽を一体的に行う)を実践。伐採から植栽の経費軽減を目指す。
県はこの結果を分析し、再造林の低コスト化に向けた一貫施業方法を県内林業事業体に普及促進する。

・事業規模(計画):1カ所 5ha(H28~H29)