政策個表

タイトル 県有施設のエネルギーを見える化!
施策・事業名称 栃木県スマートエネルギーマネジメント事業
都道府県名 栃木県 本件問合先 環境森林部気候変動対策課
分野 環境 028-623-3186
事業実施期間 平成27年3月1日 ~ kikou-hendou@pref.tochigi.lg.jp
施策の
ポイント
東日本大震災以降の徹底した省エネルギーの取組の定着を図るため、県有施設にエネルギーマネジメントシステム(BEMS)を導入し、情報通信技術(ICT)を活用したエネルギー使用量の見える化により、エネルギー使用の現状を把握し、効率的(スマート)な省エネにつなげる。
内容 【事業概要】
・本庁舎及び地方合同庁舎10庁舎にBEMSを導入し、電気、ガス、燃油類、水道の時間別の使用量を計測し、ネットワークを介してそのデータを収集する。
・エネルギー削減量、太陽光発電設備、小水力発電設備による発電量などを見える化する。
・一部の庁舎において、自動照明制御を導入し、電気使用量の抑制を図る。
・県が設置したEV用充電器の電気使用量を計測するとともに、使用状態を表示する。