政策個表

タイトル 不適正なヤードへの条例対応 ~ 全国初のヤード適正化条例の制定 ~
施策・事業名称 「千葉県特定自動車部品のヤード内保管等の適正化に関する条例」による不適正なヤードへの対応
都道府県名 千葉県 本件問合先 環境生活部廃棄物指導課ヤード対策班
分野 環境 043-223-4658
事業実施期間 平成27年4月1日 ~ yard01@mz.pref.chiba.lg.jp
施策の
ポイント
全国初となるヤード適正化条例の制定
内容 千葉県内には、約500か所ものヤードが存在し、これは全国のヤード数の2割以上を占めています。そして、ヤードの中には、エンジンオイル等を周辺に流出させたり、盗難自動車やその部品の保管場所として使用させたりする等の不適正なヤードが存在します。
このような本県特有の背景を踏まえて、県民の生活環境の悪化を招くとともに、平穏な生活を脅かしているヤードの適正化を図るため、全国初となる独自条例である「千葉県特定自動車部品のヤード内保管等の適正化に関する条例」を平成26年12月に制定しました(平成27年4月施行)。
本条例では、周囲の一部にでも鋼板等が存在し、エンジン等の部品の保管又は分離をしている施設を「ヤード」と定義し、その適正化を図ることとしました。
そして、ヤード運営者に対して、(1)届出、(2)油等の地下浸透等の防止措置、(3)原動機の取引に係る記録の作成等の義務を課しています。
また、必要に応じて、立入検査等をすることができることとしました。
県民が安心して暮らせる地域社会を実現する観点で、本条例は重要な役割を果たすことができるものと考えています。
ヤードのイメージ
ヤードのイメージ
ヤード内での不適正なエンジン保管
ヤード内での不適正なエンジン保管
関連
ホームページ
http://www.pref.chiba.lg.jp/haishi/yard/index.html