政策個表

タイトル リーガルサポート
施策・事業名称 リーガルサポート
都道府県名 三重県 本件問合先 法務・文書課
分野 行財政改革
防災・危機管理
059-224-2163
事業実施期間 平成25年9月24日 ~ k040030@MIEKEN.MIE.com
施策の
ポイント
ここは「弁護士事務所」ではありません。正解をお伝えする場所ではありません。悩みが解決されないかもしれません。 でも、お越しください。あなたの成長を応援します。
内容 <現状や課題、設定した目標>
あなたの「とりあえず」をトリサリます。

法律は難しいからタッチしたくない。
法律を学んだことがないから、問題の発生に気付かない。
問題はあるかもしれないけど、今までこれでやってきたようだ。
問題があると思うけど、法律の調べ方が分からない。
よくわからないけど、
とりあえず、法務・文書課に聞いておこう。
とりあえず、弁護士に聞いておこう。
職員が一定程度、自立して法的な課題を発見し、解決にあたれるように、職員の個人レベルの向上を図る必要がある。

<取組の検討プロセス、改善点等>
第1段階 興味増幅~面白さ~
メルマガを読みやすく、研修を分かりやすく、何よりも面白く。

第2段階 能力向上~実践~
1 研修:法律全般ではなく、より実践的な内容に。
2 法律相談:個別具体的な結論ではなく、考える過程を示す。

第3段階 環境整備~アクセス~
1 コンシェルジュデスク:日常生じる問題にアクセス
2 イントラサイトの整備:全庁的に生じた問題にアクセス
3 部局別六法:部局内の問題にアクセス
4 法務文書課図書リストアップ:法律図書にアクセス

第4段階 意識改革~インパクト~
MIE職員力アワードでの情報発信

<効果、成果>
法律相談の件数、様々なマニュアルの作成、研修の数など、一つの成果として非常にわかりやすい。しかし、それは当課の目指すところではない。

当課の目指す取組は、「職員の自立的な法的課題の発見・解決」であり、その成果が分かりにくいところに特色がある。何をもって、意識が改革したか、能力が向上したかを図ることは困難である。

アンケートにおいて「面白かった。」「法律に興味がわいた。」と多数書かれていること。
この回答をもって、一つの成果としよう。

<工夫した点や苦労した点>
面白さから、馴染みになり、次第に法律の考え方が浸透していく。
慣習ではなく、法律で考えることが常識となる、その意識改革。
まだ取組は継続している。