政策個表

タイトル 児童養護施設・里親の元で暮らす子どもの大学等修学支援の実施
施策・事業名称 施設で暮らすこどもの大学等修学支援事業
都道府県名 静岡県 本件問合先 健康福祉部こども家庭課
分野 健康福祉 054-221-2307
kokatei@pref.shizuoka.lg.jp
内容 <内 容>
1 概要
静岡県では、児童養護施設や里親等の元で暮らす子どもたちの「貧困の連鎖」を断ち切り、子ども1人ひとりの夢と希望をもった成長を図り、将来の安定した自立を支援するために、児童福祉法による措置が終わる20歳から大学等を卒業するまで養育期間を延長して大学等の修学を支援する取り組みを平成27年度から開始した。

2 現状・目的
(1)児童養護施設や里親の元で暮らす児童は、実親からの支援が得られず、経済的理由等から、大学等進学の選択が難しい状況である。

(2)大学等の卒業まで支援する事業の創設によって、児童養護施設や里親の元で暮らすこどもの大学等進学を促進し、卒業後の就職選択肢が増えることで、安定的な自立を図る。

3 支援内容
(1)対象施設等(養育の委託先):
20歳になるまで養育してきた児童養護施設、里親 ほか
(2)進学先:
学校教育法に定める大学、短期大学、専修学校 ほか
(3)対象期間:
満20歳から20歳時に在籍していた大学等を卒業する月まで
(4)基準額(令和2年度):
児童養護施設 394,190円(月額)
里親 101,190円(月額)
就職時 281,290円

4 実施状況
平成27年度 1名(専修学校1)
平成28年度 6名(大学・短期大学3名、専修学校3名)
平成29年度 10名(大学・短期大学7名、専修学校3名)
平成30年度 14名(大学・短期大学11名、専修学校3名)
平成31(R1)年度 13名(大学・短期大学10名、専修学校3名)
令和元年度 15名(大学・短期大学14名、専修学校1名)