政策個表

タイトル 6次産業化に対応した新たな教育の推進
施策・事業名称 6次産業化実践教育ステップアップ事業
都道府県名 徳島県 本件問合先 教育委員会教育創生課新未来・GX担当
分野 教育・文化 088-621-3183
事業実施期間 平成28年4月1日 ~ kyouikusouseika@pref.tokushima.lg.jp
施策の
ポイント
農業・工業・商業科等設置高校が連携し、6次産業化商品の開発などを通して「6次産業化をプロデュースする人材」を育成する。これまでの実践的取組を充実・発展させるとともに、産業界との連携を加え、地域資源を活用した「徳島ならでは」の6次産業化商品開発を目指し、新たな産業の創出につなげ、地域の活性化を担う即戦力となる人材を育成する。
内容 1.「6次産業化教育」に向けた学科再編・再編統合
(1)6次産業化専門学科「アグリビジネス科」の設置
(平成29年度設置 徳島県立城西高等学校)
・「6次産業化プロデュース事業」での実証成果をもとに、従来の学科の領域を超えた1学科で6次産業化に対応した新たな教育、農工商連携による特色のある専門教育を行う6次産業化専門学科「アグリビジネス科」を設置。
(2)地元企業・大学等と連携し、農工商が一体化した専門教育を行う高校の開校
(平成30年度開校 徳島県立阿南光高等学校)
・地元企業や徳島大学「生物資源産業学部」等とのキャリアアップシステムの確立を図り、連携による「高大・地域連携ブランド」開発や高度で実践的な実習等を行うことで、生徒のキャリアアップ教育につなげ、地方創生につながる6次産業化を総合的にプロデュースする人材の育成を図る。

2.「6次産業化実践教育プロデュース事業」の継続・発展
・これまでの「6次産業化プロデュース事業」の成果と課題を踏まえ、農工商の生徒自身が生産・商品開発(加工)・販売の一連の流れすべてを協働することで、お互いの専門性、多様性を認め合うとともに、自らの専門性の学びを活かし、共に新たな価値を創造していく人材を育成する。
・産業界(地域の企業・農業団体・大学)等との連携による外部人材の活用を図ることで、より実践的な6次産業化商品開発を進める。
・地域資源の価値に気づき、新たな産業を創出し、地域活性化を担う実践力を備えた人材の育成を図る。
「阿波愛チュロス」(食藍パウダー配合)の商品開発(城西高校、徳島科学技術高校、徳島商業高校)
「阿波愛チュロス」(食藍パウダー配合)の商品開発(城西高校、徳島科学技術高校、徳島商業高校)
幻の柑橘類「ゆこう」から「ゆこうマーマレード」を商品開発。企業と連携して「ゆこうマーマレード」を活用した新商品「ゆこうどら焼き」の開発・販売(小松島西高校、小松島西高校勝浦校)
幻の柑橘類「ゆこう」から「ゆこうマーマレード」を商品開発。企業と連携して「ゆこうマーマレード」を活用した新商品「ゆこうどら焼き」の開発・販売(小松島西高校、小松島西高校勝浦校)
地域の未利用資源「青玉のハッサク」「ヒノキの葉」からアロマオイルを抽出し、商品開発に挑戦(池田高校辻校・池田高校三好校)
地域の未利用資源「青玉のハッサク」「ヒノキの葉」からアロマオイルを抽出し、商品開発に挑戦(池田高校辻校・池田高校三好校)