政策個表

タイトル 佐賀の子どもたちの40年後の胃がんリスクを取り除き、将来へのプレゼントを届けたい!
施策・事業名称 未来へ向けた胃がん対策推進事業
都道府県名 佐賀県 本件問合先 佐賀県健康福祉部健康福祉政策課がん撲滅特別対策室
分野 健康福祉 0952-25-7491
事業実施期間 平成28年4月1日 ~ kenkoufukushiseisaku@pref.saga.lg.jp
施策の
ポイント
◎ 県内の中学校(特別支援学校中学部を含む)に在籍する3年生を対象に、学校の健康診断(検尿)の仕組みを活用して希望者(「参加に同意する」旨を示した意向確認書を提出した生徒のみ)にピロリ菌の検査を実施。

◎ 一次検査、二次検査ともに生徒・保護者は比較的簡易に受けることが可能。

◎ 検査、除菌治療・確認検査にかかる費用は県費で対応し、検査・治療等にかかる生徒・保護者の負担は0円。

◎ 現在の中学3年生だけでなく、当該生徒が子どもを持った際、その子どもにピロリ菌を感染させてしまうリスクも低減。
内容 (目的/目標)
・佐賀県の子どもたちの将来の胃がん発症リスクを低減

(主な特徴)
・佐賀大学医学部附属病院内に事業センターを設置(専任スタッフを配置)
・学校の健康診断(検尿)の仕組みを活用(別に検体を提出したりすることは不要)
・一次・二次検査を受けるため、医療機関や検査センターに出向くことは不要
・検査結果は、事業センターから生徒・保護者の自宅あてに直接郵送(学校を介さない)
・県内21の協力医療機関を設定し、対象生徒・保護者が選択した医療機関で受診可能
・ピロリ菌の除菌治療・除菌確認検査を受けるための生徒・保護者の費用負担は0円(県費で対応)

(主な内容)
・学校の健康診断で提出される尿(腎機能検査)の残りを活用し、ピロリ菌検査を実施【一次検査】
(任意の検査であるため参加の意思表示(参加意向確認書を提出)があった生徒に限る)
・一次検査の結果、「二次検査が必要」と判定された生徒に対し、結果通知と二次検査(便検査)キットを送付し、便検体(検査キット)を事業センターへ提出(事業センターで検査を実施)
・二次検査結果が陽性(ピロリ菌に感染しているとの判定)であった生徒に対し、ピロリ菌の除菌治療(除菌確認検査を含む)を促す
・一次、二次ともに検査結果は、事業センターから各生徒・保護者の自宅あてに郵送(学校を介さない)
・除菌治療が必要と判定された生徒には、治療・確認検査のクーポン券を発行し、県内21の医療機関で提示すれば無料で除菌治療・確認検査を受けることができる


(きっかけ/背景)
・佐賀県の胃がんによる死亡率は例年全国平均よりも高く、平成26年の75歳未満年齢調整死亡率は全国ワースト2位
・世界保健機関(WHO)報告書で、胃がんの約8割はピロリ菌感染が原因であることが公表されている

(主な成果)
・平成28年度から事業実施
・事業開始後、一次検査への参加率が毎年上昇しており、事業が徐々に県民へ浸透
・令和3年度は、7,607名の中学3年生(全体の約93%)が一次検査を受け230名の要二次検査者を判定
・二次検査を受けた生徒(200名)のうち155名の要除菌治療者を判定
・要除菌治療者(155名)のうち116名が除菌治療を受けている(平成28年度からの合計で965名)
※ 二次検査、除菌治療を受けた生徒数は令和4年3月31日時点のもの
関連
ホームページ
https://www.ganportal-saga.jp/pylori/