政策個表

タイトル 大切な人を失いたくない。死亡事故ゼロへ!
施策・事業名称 みやぎ交通死亡事故0(ゼロ)キャンペーン
都道府県名 宮城県 本件問合先 宮城県警察本部
分野 その他 022-221-7171
事業実施期間 平成31年4月1日 ~ 令和02年3月31日 ko-kkika@mail.police.pref.miyagi.jp
施策の
ポイント
行政側である宮城県,宮城県警察と,県民側である地元新聞社河北新報社が協働し,官民一体となって新聞紙面を活用した交通事故抑止啓発活動等の交通安全啓発活動を展開することにより,交通事故のない安全で快適な交通社会の実現を図り,交通事故0(ゼロ)を目指すもの。
内容 1 実施目的
宮城県警察では,交通死亡事故抑止対策の一環として,平成26年度から宮城県警察,宮城県及び地元新聞社である河北新報社の3者で協定を結び,「新聞紙面上による交通安全情報の発信」を柱として,さまざまな交通事故抑止啓発活動を展開している。
河北新報社は,新聞発行部数44万5千部を誇る県内で最も購読数が多い地元密着型の新聞として広く県民に購読されており,その紙面を活用した各種交通安全情報の影響力は絶大であることから,県民の交通安全意識の向上が大いに期待される。

2 実施概要
(1) キャンペーン名称
「みやぎ交通死亡事故0キャンペーン」
(2) 実施主体
宮城県,宮城県警察,河北新報社
(3) 協賛社
県内の一般企業等54社
(4) 実施内容
・ 新聞紙面への全面広告(紙面の約3分の2使用)を年6回掲載
・ 特集チラシ(A2版カラー印刷)として2万枚程度を作成・配布
・ 協賛社と共同開催による大規模キャンペーンの展開
・ 特殊詐欺被害防止に関する広報啓発
・ キャンペーンロゴ入りの反射材(タックルバンド)の配布
(5) 新聞紙面への掲載方法
・ 全面広告(15段)⇒概ね2か月に1回の割合で掲載
・ 特別広告( 5段)⇒概ね5~10回時節的要素を勘案し掲載
大規模キャンペーンの状況
大規模キャンペーンの状況
マスコットキャラクタ
マスコットキャラクタ