政策個表

タイトル 全国初徳島モデル!地方と都市を結ぶ「新しい学校のかたち」デュアルスクール
施策・事業名称 二地域居住を加速する「デュアルスクール」実証事業
都道府県名 徳島県 本件問合先 徳島県教育委員会 教育創生課 教育調査・とくしま回帰担当
分野 教育・文化 088-621-3183
事業実施期間 平成27年4月1日 ~ kyouikusouseika@pref.tokushima.jp
施策の
ポイント
デュアルスクールは、本来必要な転校手続を簡素化し、地方と都市の二つの学校の行き来しながら、双方で教育を受けることにより、それぞれの良さを実感し、多様な価値観を身につけることができる「新しい学校のかたち」をめざすものである。サテライトオフィスが多数進出している本県において、従来単身赴任をしていた保護者が、短期間でも子供を地元の小・中学校に就学させることが可能になれば、家族で移動してくることができるようになる。本制度は、子供の教育上の課題を解消し、親の働き方改革に資するとともに、二地域居住や地方移住を促進する「教育による地方創生」をめざすものである。
内容 ■目的
地方と都市の交流人口の増加による地方の創生と少子化への対応、子供の豊かな体験機会の提供の視点から、地方と都市の学校を結ぶ新たな教育環境を創造するため、地方のよさの体験と情報発信を行える「新しい学校のかたち」をモデル化する。

■概要
地方と都市の教育委員会の協力のもと、児童生徒の異動を容易にし、それぞれの学校の特性を生かした教育が受けられる「デュアルスクール」のモデルを構築する。

■モデル試行について
1 就学期間 平成28年10月3日(月曜日)から10月14日(金曜日)
2 実 施 校 徳島県海部郡美波町立日和佐小学校
3 対象児童 東京都在住の小学校2年生男子
4 試行内容
・地方(美波町)と都市(東京都在住区)、双方の教育委員会の合意のもと、住民票を異動させずに日和佐小学校への転校を承認。
・東京都の小学校との連絡業務や、学習進度の調整を行う「デュアルスクール派遣講師」を日和佐小学校に配置。
・美波町にサテライトオフィスを置く企業に勤務する保護者が、同町で働く期間、児童が日和佐小学校に就学。

■効果
・児童生徒に地方と都市、双方のよさを体験する機会が得られ、視野の広い人間形成に役立つ。
・新しいライフスタイルの提案と第二のふるさとの創造。
・サテライトオフィスでの家族滞在の機会提供。
・地方と都市の二地域居住の拡大。
・徳島の魅力の発信者が増加。
・地方での教育に対する不安を払拭し,地方への移住を促進。
・交流人口の増加による地域の活性化。

■今後の展開
・「区域外就学」を認める市区町村教育委員会間でモデル事例を積み上げ、効果・課題検証を進める。
・本来必要な転校手続を簡素化し、地方と都市二つの学校の行き来が可能となる「新しい学校のかたち」を制度化するため、モデルを構築し、国へ政策提言する。
デュアルスクール派遣講師による学習支援
デュアルスクール派遣講師による学習支援
学校周辺を散策しながら身近にいる生き物を観察
学校周辺を散策しながら身近にいる生き物を観察
子供神輿を担ぎ地方の文化を体験
子供神輿を担ぎ地方の文化を体験
サテライトオフィスで子供を身近に感じながらワーキング
サテライトオフィスで子供を身近に感じながらワーキング
関連
ホームページ
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2016080900084/