政策個表

タイトル スターマークで産廃業者を4段階評価 全国に先駆けた産業廃棄物処理業者格付け制度の創設
施策・事業名称 産業廃棄物適正処理の推進
都道府県名 山梨県 本件問合先 環境・エネルギー部環境整備課 産業廃棄物担当
分野 環境 055-223-1515
事業実施期間 平成30年6月1日 ~ Kankyo-sb@pref.yamanashi.lg.jp
施策の
ポイント
・産業廃棄物の適正処理の推進については、廃棄物の処理責任を有する排出事業者と、処理を受託する処理業者が互いに活用・協力の下、適正処理の確保に向けて果たすべき役割を率先して実行していくことが重要。
・このため、県では平成29年3月に産業廃棄物適正処理推進ビジョンを策定し、その中で、処理業者の資質向上の取り組みを支援し、優良な処理業者の育成を図るとともに、排出事業者に対しては、廃棄物処理に係るコンプライアンスの確保や再生利用の効果的な推進等のメリットをPRし、優良な処理業者の優先活用を促していくこととした。
・本事業はビジョンに基づく施策のひとつであり、県内に事業所を有する約800の処理業者を対象に、地域貢献や環境保全等に取り組む優良な業者を評価し、その活用を促すことを通じて、優良な処理業者の増加による処理業全体の底上げと処理業に対する県民理解の増進を図り、廃棄物の適正処理を推進していくものである。
内容 【制度の概要】

(申請資格)
・3年以上の処理実績を有し、かつ5年にわたり行政処分等を受けていないこと等

(格付けの方法)
・評価基準に適合した数により、星1つから4つの4段階で実施

(評価基準)
・次の5つの分類により、処分業30項目、収集運搬業27項目の評価項目を設定、取り組んでいる活動数に応じて星の数を獲得する仕組みとなっている。
ア 環境保全や安全対策の取り組み
イ 廃棄物処理に関する啓発活動
ウ 地域活動・地域貢献等
エ 事業の透明性
オ 財務体質の健全性
・なお、評価項目については、基礎的な取り組みを評価するベーシックと、発展的な取り組みを評価するアドバンスドに区分している。

(具体的な格付けの方法)
・星1つ
地域貢献等に取り組む処理業者を幅広く格付けできるよう、ベーシックの評価項目を5項目以上満たす場合
・星2~3つ
評価項目のうち概ね5割以上、星3つについては、概ね8割以上適合する場合
・星4つ
星3つの業者が廃棄物処理法に基づく優良認定を受けている場合、星4つを受けることとしている。

(格付け結果の公表等)
・許可証の上部に星マーク、イラスト等を印刷して交付
・多くの処理業者に制度が認知されるよう、産業資源循環協会と連携して制度をPRするとともに、県ホームページや広報紙等を活用した情報発信や県等が主催する研修会などあらゆる機会を通じて制度の周知を図り、参加を呼びかける。
・排出事業者に対しては、各排出事業者の団体を通じて協力要請を行うとともに、排出事業者向けに送付する郵便物や県等が主催する研修会や会議の機会を通じて、PRしていく。