政策個表

タイトル 子育て世代を応援!!吉野ヶ里歴史公園無料招待
施策・事業名称 エンジョイパーク吉野ヶ里「子育てし大“券”」事業
都道府県名 佐賀県 本件問合先 佐賀県県土整備部まちづくり課公園担当
分野 地域振興・まちづくり 0952-25-7159
事業実施期間 平成28年4月1日 ~ machizukuri@pref.saga.lg.jp
内容 ■目的
佐賀県が取り組む子育て支援プロジェクト「子育てし大県“さが”」の一環で、吉野ヶ里歴史公園がもつ「広場や遊び場などのレクリエーション空間」としての魅力を、佐賀県内はもとより福岡都市圏をはじめとする県外の子育て世代へ伝えることにより、新たな集客と利用促進を図る。

■取組み内容
・招待券付きリーフレットの配布(春4~5月、秋9~11月)
・新聞広告、子育て情報誌(フリーペーパー等)への掲載
・吉野ヶ里歴史公園公式LINEアカウントを活用した招待券クーポンの配信
・子育て世代を対象とした年間パスポートの半額割引

■成果
・平成30年度の入園者数は、平成13年度の開園以来、2年連続で過去最高を更新(77万3,969人)。
・令和元年度の入園者数は、過去最高の平成30年度を令和2年2月までは上回っていた(72万870人)。
・令和2年度の入園者数は、新型コロナウイルス感染症拡大防止措置として外出自粛が要請されたことやGWを含む期間を臨時休園したことから大きく落ち込んだものの、オープンエアな空間でゆっくりと過ごすことができることが再認識され、招待券利用者数は前年度を上回った。
・令和3年度の入園者数は、新型コロナウイルス感染症拡大防止措置として緊急事態宣言やまん延防止等重点措置がなされるなどのため、前年度を下回る月もあったものの、開園20周年を迎え、遺跡に加え、キャンプやヨガなどの実施により、アウトドアも楽しめる公園の魅力を発信することで利用促進を図り、入園者及び招待券利用者は前年度を上回った。
・令和2年度に続きコロナ禍であったため、新規集客割合は前年度から減少し約2割、リピーター(来園3回以上)割合は前年度と変わらず5割を超えた(令和3年度招待券利用者アンケート結果)。
・隣県の福岡県からの集客が約6割であった。