政策個表

タイトル AI/IoT等の利活用によるイノベーション力の強化
施策・事業名称 ひろしまサンドボックス推進事業
都道府県名 広島県 本件問合先 商工労働局 イノベーション推進チーム
分野 商工・労働 082-513-3348
syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp
内容 1 現状と課題
広島県では,DXを推進する一環として,技術やノウハウを持つ県内外の企業や人材を呼び込み,最新のテクノロジーを活用し,共創で試行錯誤できるオープンな実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を構築している。
「広島県をまるごと実証フィールドに!」をキーワードに,作ってはならし,みんなが集まって,創作を繰り返す「砂場」のように,何度も試行錯誤できる場として,2018年にスタート。3年が経過し,ひろしまサンドボックスを活用した様々なプロジェクトが組成され,多くの実証実験が県内各地で進行している。コミュニティーとして設立したひろしまサンドボックス推進協議会の会員は1,800者を超えており,多くのチャレンジャーが集積している。
2020年,新型コロナウイルスによる感染症拡大に伴い,地方企業も大きな影響を受け,従来とは異なる商品・サービス開発に迅速に対応できるレジリエンスが求められており,そのためには,自社にない域外からのリソースを活用するオープンイノベーションが効果的であるが,広島をはじめとする地方都市においては,それを生み出すエコシステムの構築にまでは至っていない。

2 めざす姿
「ひろしまサンドボックス」を通じて,『集積した企業や人材と県内のリソースとのシナジーによる非連続的イノベーションを生み出すエコシステム』の構築

3 取組の方向
デジタル技術を活用して課題解決をめざすニーズやシーズをもつチャレンジャーを会員とするひろしまサンドボックス推進協議会への人的資本の集積

4 基本事業
○実証プロジェクト
・ 行政が提案する課題の解決に向けた実証プロジェクトの実施
・ ニューノーマル時代の新たな日常を再定義するソリューションの実現に向けた実証プロジェクト「D-EGGS PROJECT」の実施
○ひろしまサンドボックス推進協議会運営・支援
・ 先端技術の学習・活用機会の提供や,県内企業・自治体とスタートアップ企業等とのマッチング支援,AI人材開発プラットフォームの運営等の会員向けサポートメニューの提供等
○データカタログサイト運営・支援
・ ひろしまサンドボックスデータカタログサイトの運営やデータ提供者と利用者とのマッチング支援等
ひろしサンドボックス(実証実験の場) ロゴ
ひろしサンドボックス(実証実験の場) ロゴ
ひろしまサンドボックスのコンセプト
ひろしまサンドボックスのコンセプト
関連
ホームページ
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/259/
http://hiroshima-sandbox.jp/