政策個表

タイトル おかやまの明日を築く~建設人材確保プロジェクト~
施策・事業名称 おかやまの建設人材確保プロジェクト事業
都道府県名 岡山県 本件問合先 岡山県土木部監理課
分野 地域振興・まちづくり 086-226-7463
事業実施期間 平成27年4月1日 ~ kensetsugyo-kanri@pref.okayama.lg.jp
施策の
ポイント
・国等の行政機関をはじめ、学校、関係団体や企業等が一体となり、連携を図りながら効果的な手法で建設 産業の魅力発信に努め、担い手確保を支援

・今後、将来の進路を考えることとなる幼児から小学生、中学生やその保護者等に対して、建設産業が進学 や就職における選択肢となるよう動機付けを図るとともに、進学や就職を間近に控えた土木・建築系学科 で学ぶ高校生を対象に、入職を促進するなど、年齢に応じた施策を展開
内容 【現状・課題】
・県内の有効求人倍率は全国的にも高い状況が続いており、中でも建設業関係の有効求人倍率は高水準で推 移し、人材の確保が厳しい状況。
・本県の土木・建築系の学科を卒業した高校生の、建設産業への入職率や土木・建築系の大学等への進学率 は6割程度に留まっている。

【取組内容】
1 魅力発信事業
(1)おかやまの土木・建築「体感」ゼミナール
幼児から小学生やその保護者等を対象に、建設産業への理解を深めるため、建設産業の役割や重要性 を紹介するイベントを開催
(2)出前授業
中学1年生を対象に、地元建設業従事者等を講師として派遣し、進学・就職を間近に控えた5年後の 自分に対して手紙を送る出前授業を実施

2 入職促進コーディネート事業
(1)建設現場見学会
土木・建築系学科で学ぶ高校生を対象に、実際の工事現場における作業工程や最新の施工技術等を実 際に目にすることができる建設現場見学会を開催
(2)建設企業ライブ
建設産業に従事する地元経営者や若手従業員と土木・建築系学科で学ぶ高校生が一同に会し、職場環 境や施工技術など建設産業の今の姿を伝える意見交換会を開催

【効果】
◎建設産業に対する理解の促進
・イベント参加者の約8割が、建設産業の役割について理解を深めた

◎建設産業への入職の促進
・ライブ参加企業・生徒の9割以上が評価
・ライブ参加企業へ、参加生徒が着実に就職
出前授業
出前授業
建設現場見学会
建設現場見学会
建設企業ライブ
建設企業ライブ
関連
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/soshiki/59/