政策個表

タイトル ふくおか食品開発支援センターにおいて、付加価値の高い「売れる商品」の企画・開発から製造までを一貫して支援
施策・事業名称 食品開発・製造管理力向上支援事業
都道府県名 福岡県 本件問合先 商工部中小企業技術振興課
分野 商工・労働 092-643-3433
事業実施期間 令和01年9月1日 ~ chugi@pref.fukuoka.lg.jp
内容 令和3年度事業名変更(旧:研究成果プッシュ型高付加価値食品開発支援事業)

平成26年に生物食品研究所内に開設したふくおか食品開発支援センターでは、これまでの食品開発に係る加工・評価による試作開発支援に加えて、新たに「食品開発プランナー」及び「食品製造プランナー」を配置し、県内食品製造中小企業のニーズに応じて、研究所が保有する独自研究成果を活用した付加価値の高い「売れる商品」を新たに開発する。
本事業では、「売れる商品」の創出をより効果的に推進するため、戦略的な商品企画を行い、併せて品質・生産管理等の製造プロセスも技術支援することで、県内の食品開発を活性化し、食品産業発展に貢献する。
また、令和3年度からふくおか食品開発支援センターにおいて新たに製造管理にかかる人材育成機能を付与し、県内食品料製造業を支援する。

【ふくおか食品開発支援センター】
(1)製品の試作開発支援
(2)独自研究成果の提供
(3)製造現場における微生物の見える化手法の確立(令和3年度開始)
(4)人材育成講座の企画・実施(令和3年度開始)
【食品開発プランナー】
(1)企業ニーズと生物食品研究所「独自研究成果」のマッチング
(2)市場調査を踏まえた商品企画
(3)開発・試作・評価に関するマネジメント
(4)人材育成(現場指導等)(令和3年度開始)
【食品製造プランナー】
(1)開発食品の製品化に向けた技術指導
(2)品質・生産管理等の食品製造に関する技術指導
(3)普及展開候補企業の掘り起し(可能性調査)
(4)人材育成(現場指導等)(令和3年度開始)