政策個表

タイトル 「NEXsTokyo」プロジェクト
施策・事業名称 スタートアップ総合支援拠点の運営
都道府県名 東京都 本件問合先 産業労働局商工部創業支援課
分野 商工・労働 03-5320-4749
事業実施期間 令和01年10月4日 ~ 令和07年3月31日 S0000474@section.metro.tokyo.jp
施策の
ポイント
都内外のスタートアップが、地域や業界を超えて人と情報に有機的につながることができる創業エコシステムの形成
内容 (施策の必要性)
〇社会経済が大きく変化する中、新たなビジネスモデルや製品・サービスを提供するスタートアップの活躍は、都内経済の発展や行政課題の解決のために重要である。
〇都は、これまで様々な成長段階での取組を実施してきた一方で、デジタル化の遅れなど、山積する社会課題の解決に向けて、革新的な製品・サービスを持つスタートアップに対する期待が一層高まっている。
〇そのため、更なる成長を志向するスタートアップを総合的に支援する拠点を運営し、多種多様な支援を実施するとともに、都内外のスタートアップが、地域や業界を超えて人と情報に有機的につながることができる創業エコシステムの形成が必要である。

(施策の方向性)
〇地域や業界を超えて人が集まり、つながることができる、また適切な連携先を探すことができる、HUB機能を有する場を提供する。
〇更なる成長を志向する都内外のスタートアップに対し、会員制で、地域や業種業界を超えたマッチング等の支援を実施する。
〇加えて、東京から全国各地に、また全国各地から東京への展開を目指しているスタートアップについて、その展開を後押しする育成プログラムを実施する。

(事業内容)
〇国や地域、業界、業種にとらわれない連携関係の創出を目指す、東京のエコシステムのHUBとなる施設「NEXsTokyo」を丸の内において運営。

≪NEXsTokyo 施設概要≫
・名 称(由 来)
「NEXsTokyo」
(※Nexus(多次元的な繋がり)、Ecosystem(エコシステム)、X(クロスする)、s(複数)の意味をそれぞれの頭文字を使って表現)
・立 地:
新東京ビル4階(千代田区丸の内3-3-1)東京駅京葉地下丸の内口 直結
・設 備:
コワーキングスペースを軸に、会議や商談に使用可能な個室を複数設置
イベント開催時には約100名収容可能
その他インフォメーションボードやラウンジ等を設置
・利 用:会員制(施設利用料は無料)
スタートアップ:事業が形になっており、更なる成長を志向する企業など(期限付)
パートナー:VCや金融機関、大企業、大学、行政機関、インキュベーター、各国の大使館など
メンター:先輩起業家や弁護士、税理士など
・機 能
常駐のコンシェルジュが地域や業種業界を越えたマッチングを創出
多様なメニューのイベントを開催し、連携に向けたコミュニティを形成
※会員以外の来所者もインフォメーションボードやラウンジ等の設備を利用可能とするほか、施設の見学や、相談等にも随時対応する。

■令和2年6月17日 オンラインサロン開設
令和2年9月14日 開所

〇モデル事業創出プログラムとして、企業形態に応じて、事業加速コース「DIVE」(全国各地から東京へ)と事業展開コース「JUMP」(東京から全国各地へ)の2種類のプログラムを実施する。(計10社程度)
外部メンターや担当アクセラレータとのメンタリング、連携パートナーとのマッチングや専門講師による実践的なワークショップなどにより事業を磨き上げ、モデル事業として発信する。
施設内観
施設内観
 HP
HP
事業加速コース「DIVE」.
事業加速コース「DIVE」.
事業展開コース「JUMP」
事業展開コース「JUMP」
関連
ホームページ
https://nexstokyo.jp/