政策個表

タイトル 農業科高校生による台湾への交流学習団派遣
施策・事業名称 グローバル産業人材育成事業
都道府県名 山形県 本件問合先 教育庁 高校教育課
分野 農林水産
教育・文化
023-630-3165
事業実施期間 平成31年4月1日 ~ ykoko@pref.yamagata.jp
施策の
ポイント
人口減少に伴う国内市場の縮小に対応するため、アジア地域を中心とした輸出拡大及び本県農業の国際競争力の強化が急務となっている。
こうした中、本県と友好協力覚書を締結している台湾の高雄市では、ICTを活用したスマート農業等の先進的な取組みを実施している。そこで本県農業科設置高校から選抜された生徒による交流学習団と高雄市の農業高校生同士の交流を通して、グローバル化に対応できる人材育成を図る。
内容 1.事業概要
本県の農業を担う人材である農業高校生が外国の農業に触れ、歴史や文化、高校生同士の交流等を体験することによって、国際的視野を広げ、外国との親善を深めるとともに、本県産業の国際化の推進に寄与する人材育成を図る。
(本県農業科設置高校から選抜された生徒による交流学習団10名+引率教員3名による訪台)

2.令和元年度における具体的な施策
(1)事前学習(講義)
・山形県における農産物の輸出入の現状と農業生産工程管理(GAP)の必要性について
・台湾の文化と言葉
(2)主な台湾高雄市での交流学習(3泊4日)
・高雄市の阪神百貨店において、日本産農産物の販売市場の調査
・國立岡山高級工職業學校での交流、研修
→農業体験学習、昼食交流会・共同製作、植物バイオテクノロジー体験学習、胡蝶蘭の組織培養及び栽培学習、
ガーデニング実習、農場見学、草花学習体験、記念品共同製作(ドライフラワー) 等
・高雄国際港での研修
→高雄国際港に関する貿易・輸出入等に関する高雄市政府観光局職員からの説明、高雄国際港クルーズ船からの高雄国際港の視察
・國立旗山高級農工職業學校での交流、研修
→農業体験学習、昼食交流会・食文化体験学習、「菌類栽培」体験学習、ヒラタケの菌床栽培及び収穫体験、グリーンデザイン実習 等
・六合国際観光夜市の視察

3.事業の成果
交流学習団の帰国後、各農業科設置校において、交流学習団員による研修成果報告会を実施。
また、本研修に係るアンケートを実施した結果、「世界的な農産物の流通の仕組みや市場動向、農産物の輸出入に関わる諸問題に関心がある」とした交流学習団員及び研修成果報告会参加生徒の割合が大幅に増加した。