政策個表

タイトル 外来種対策の方針策定
施策・事業名称 栃木県外来種対策方針の策定
都道府県名 栃木県 本件問合先 栃木県環境森林部自然環境課自然保護担当
分野 環境 028-623-3207
事業実施期間 令和03年3月26日 ~ shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp
施策の
ポイント
外来種対策を総合的かつ戦略的に推進するため、外来種対策に関する基本方針を策定した。対象は特定外来生物に限定せず、栃木県において、侵略性の程度が高い(生態系等に大きな影響を及ぼす)外来種とすることとした。
内容 1 策定の背景
栃木県では生態系等に被害をもたらす外来種が数多く定着、近年ではクビアカツヤカミキリの被害が急拡大する中、総合的で戦略的な対策に至っていなかった。
そこで、栃木県特定外来生物対策在り方検討有識者会議(座長 五箇公一:国立環境研究所 生態リスク評価・対策研究室長)を開催し、その提言を基に栃木県外来種対策方針を策定した。
2 策定経過
・栃木県特定外来生物対策在り方検討有識者会議を開催(計3回)
・栃木県特定外来生物対策在り方検討有識者会議からの提言
・栃木県外来種対策方針の策定
3 基本理念
外来種問題が、生態系、農林水産業、人の生命身体など社会全体に対する脅威であることを県民の共通認識とし、全県をあげて、本県の地域特性に応じた総合的で戦略的な対策に取り組む。
4 実施方針
(1)施策対象
・本県において、侵略性の程度が高い(生態系等に大きな影響を及ぼす)外来種
※ 外来生物法に基づき指定される特定外来生物には限定しない。
(2)戦略的な対策
・本県として守るべき対象(場所、希少種など)を選定。
・侵略性や対策の緊急性を評価し、対策の優先順位をつける。
(3)普及啓発
・積極的な情報提供、普及啓発を実施。
(4)連携協力
・部局横断の連携体制を構築するほか、市町、国、近隣県との連携を強化。
関連
ホームページ
https://www.pref.tochigi.lg.jp/d04/houdou/210326alien.html