政策個表

タイトル インフラの価値や魅力の情報発信
施策・事業名称 やまなしインフラ魅力発信事業
都道府県名 山梨県 本件問合先 県土整備部県土整備総務課景観づくり推進室
分野 地域振興・まちづくり 055-223-1325
事業実施期間 平成31年4月1日 ~ kendosui@pref.yamanashi.lg.jp
施策の
ポイント
・ポータルサイト、ガイドマップ、カード型パンフレット(インフラカード)などのツールを活用したインフラの持つ”価値”や"魅力””歴史””成り立ち””効果”などの「見せる化」による情報発信。
・民間旅行会社が企画する観光ツアーに県内の魅力あるインフラや土木工事現場を組み込んだインフラツーリズムの推進。
内容 【背景】
山梨県では、多数のインフラが整備されてきたがインフラに対する戦略的な広報活動はこれまで実施されておらず、インフラの持つ役割や必要性が一般の方に十分に理解されているとまでは言い難い。
また、近年インフラそのものが地域固有の観光資源としての側面でも注目され始めており、国交省などではツーリズム専用サイトを開設し、現場見学会から民間の旅行会社が企画立案したインフラツアーの催行が年々充実してきている。県内にも登録有形文化財に指定された施設や高度な技術を駆使して整備された施設など、将来に語り継ぐ“価値や魅力”があるインフラが多数存在しているが、そのポテンシャルを十分活用しきれていない現状がある。

【目的】
インフラのもつ魅力や社会への貢献度を県民に広く発信することにより、インフラへの関心や社会的認知度を高めて、社会資本整備への理解を得るとともに、建設産業の担い手確保といった課題への対応やインフラが有している観光資源としての価値を利活用することにより地域活性化に寄与する。

【取り組み】
(1)ポータルサイト「富士の国やまなしインフラガイド」の開設
県内にあるインフラ関連のさまざまな情報を集約するポータルサイト「富士の国やまなしインフラガイド」の開設。サイト内では、インフラの情報、紹介動画、各種啓発イベント情報等を掲載し、誰もが気軽に興味を持って情報収集できるサイトを目指している。また、サイト内では、インフラ施設を武田信玄の「風林火山」の4つのコンセプトになぞらえた分類やインフラ施設の歴史や成り立ち、効果のストーリー化など、より興味が湧き、わかりやすいコンテンツを充実させていく。

(2)インフラガイド・インフラカードの発行
さまざまな手段を活用した情報発信として、マップを手に県内を周遊してもらうことを目的とした「富士の国やまなしインフラガイド(リーフレット)」やインフラ施設を訪問しながら集める楽しさも体験できる「やまなしインフラカード」を発行している。これらの刊行物では、有形登録文化財や歴史的価値のある土木遺産に加え、山梨県独自の特色のあるインフラ施設についてまとめている。インフラカードでは、「風林火山」4つの種類のカードを集めると裏面に“武田菱”が現れたり、いくつかの条件を達成するとプレミアムカードがもらえたりと収集したくなるような工夫を凝らしている。

(3)やまなしインフラツーリズムの推進
“価値や魅力”あるインフラを新たな観光資源として活用し、民間との連携で県内外から観光客を呼び込むため、民間ツアー会社によるインフラツーリズムの推進を行っている。ツーリズム開催に向け、民間のアドバイザーを招き、県内のインフラ施設で観光ツアーの行程への取り込みが可能な施設の選別を行う。また、現在施工中の工事現場についても、普段見ることができない特別な見学会として、ツーリズムへの取り込みを検討していく。
関連
ホームページ
https://www.yamanashi-infra.jp/