政策個表

タイトル 仕事の進め方改革 (AI等の積極的活用、効率的・多様な働き方の推進)
施策・事業名称 福井県働き方改革(“Life style shift”)の推進
都道府県名 福井県 本件問合先 総務部人事課
分野 行財政改革 0776-20-0240
事業実施期間 令和02年4月1日 ~ jinji@pref.fukui.lg.jp
施策の
ポイント
福井県は主に下記にような現状・課題に直面しており、組織内の働き方改革を進めることは喫緊の課題

(現状・課題1)全国最少水準の職員数
・令和2年度の一般行政部門の職員数は2,780人となり全国最少水準
・県内人口は今後も減少することから、全国最少水準の職員数は継続が見込まれる。
(現状・課題2)福井県庁を志す若者の減少
・福井県職員1種・行政職の志願倍率は減少傾向が継続 (H18:18.5倍→R2:4.7倍)
(現状・課題3)行政課題の高度化
・新型コロナウィルス感染症への対応など、近年の行政課題は高度化
・定型的な事務処理の効率化等により、現場主事を実践する時間を捻出するなど、課題への対応力を高めていくことが重要

上記の課題・現状を踏まえ、下記の取組みを実施
(1)職員の意識改革、各種制度の改正
(2)テクノロジー等の導入
(3)民間企業との協働
内容 令和2年度以降、福井県で実施した取組みは下記のとおり
(1) 職員の意識改革、各種制度の改正
○福井県庁働き方改革“Life style shift”若手プロジェクトチームの結成
○効率的な仕事の進め方のルール(共通ルール)策定
○今後の働き方改革の方向性をまとめたプラン(デザインプラン)策定
○職員向けのワークショップ、セミナーを開催
○早出遅出勤務制度の通年利用を可能にする制度改正
○テレワーク推進月間の実施
○男性職員の育児に伴う休暇・休業の取得促進
○オンライン会議に対応したミーティングエリア「Hiraku」の整備
○フリーアドレスの試験的導入
○勤務時間の一部を担当業務以外に使うことができる制度(ふくい式20%ルール)を導入
(2)テクノロジー等の導入
○テレワーク環境の整備
○本庁のネットワーク接続を無線LAN化
(3)民間企業との協働
○日本マイクロソフト株式会社と「行政Xデジタルトランスフォーメーション」に関する連携協定を締結
(1)若手プロジェクトチーム活動の様子
(1)若手プロジェクトチーム活動の様子
(2)職員向けワークショップの様子
(2)職員向けワークショップの様子
(3)ミーティングエリア「Hiraku」の様子
(3)ミーティングエリア「Hiraku」の様子
(4)フリーアドレス導入の様子
(4)フリーアドレス導入の様子
関連
ホームページ
https://customers.microsoft.com/ja-JP/story/1345262408868338847-fukui-prefecture-government-microsoft-jp-japan