政策個表

タイトル 科学的根拠に基づくがん検診の推進
施策・事業名称 科学的根拠に基づくがん検診推進事業
都道府県名 青森県 本件問合先 青森県健康福祉部がん・生活習慣病対策課
分野 健康福祉 017-734-9216
gan-seikatsu@pref.aomori.lg.jp
内容 1 取組の経緯
本県におけるがんの75歳未満年齢調整死亡率が高い状態が継続している現状を踏まえ、市町村や学術機関、医師会等、がん検診に携わる関係機関と認識を共有しながら、がん検診の効果をより高めていく対策を講じることとしたもの。

2 事業内容
県内学術機関への委託により、がん検診の関係者や有識者等で構成する委員会を設置。委員会では県民のがん死亡の減少に向けたがん検診事業実施の拠りどころとすべきガイドラインの内容と、その浸透に向けて県や市町村、関係機関が進めるべき対策を検討のうえ、県に提言。県では令和3年度末に提言を踏まえたガイドラインを作成。関係機関が共通認識のもと県民にがん検診を提供するための体制構築を進めていくこととしている。

3 事業効果
がん検診の各実施主体が
(1)正しい選択(有効性が証明されている検診)
(2)正しい運用(精度管理による品質が保証された検診)
により、がん死亡率の低下につながる「科学的根拠に基づく検診」の実施を徹底することで、がんの75歳未満年齢調整死亡率の減少、働き盛り世代における死亡の回避につなげていく。