政策個表

タイトル 九州佐賀国際空港の開港以来のパートナーであるANAとの関係深化及び連携強化
施策・事業名称 パートナーであるANAとの絆を深め、支え合い、共にコロナ禍の難局を乗り越えていく想いで、連携企画「SAGANA Project(サッガーナ プロジェクト)」を展開
都道府県名 佐賀県 本件問合先 佐賀県地域交流部空港課
分野 地域振興・まちづくり 0952-25-7104
事業実施期間 令和02年7月28日 ~ kuukou@pref.saga.lg.jp
内容 (目的/目標)
九州佐賀国際空港の開港以来のパートナーであるANAとの関係深化及び連携強化。

(主な特徴)
・ANAは、九州佐賀国際空港の開港(1998年)以来の特別なパートナー。
・パートナーであるANAとの絆を深め、支え合い、共にコロナ禍の難局を乗り越えていく想いで、連携企画「SAGANA Project(サッガーナ プロジェクト)」を展開。
・あわせて、コロナ禍で直接的な空港利用促進を控えざるを得ない中、空港や路線の露出拡大を図る。

(主な内容)
≪SAGANA Projectの取組状況≫※R3年6月15日現在
第1弾(R2.7.28):空港開港日にあわせての「キックオフ宣言」
第2弾(R2.9.4~R3.2.28):アート県庁プロジェクト「星空の庭園」とコラボ
第3弾(R2.10.4):県民によるANA機出迎え見送り&「SAGANAマスク」プレゼント
第4弾(R2.11.1~R3.3.31):羽田空港内に佐賀県の思いを伝えるメッセージボード掲出
第5弾(R2.11.7):山口知事とANAホールデイングス片野坂社長による「ANAグループ社員受入れ」合意を共同発表(※R3.2以降、随時受入れ)
第6弾(R2.12.24):県内コスメ事業者からANAへコスメ商品贈呈
第7弾(R2.12.24~25):ANAチーム羽田オーケストラXmasコンサートツアーin佐賀
第8弾(R3.3.23、25):ANAによる「県民向け 空港のお仕事体験」実施
第9弾(R3.4.1):TEAM SAGANA(チーム サッガーナ)発足(※県内自治体へのANAグループ出向者全員(6/15現在で14名:県9+市町3)と関係者で構成
第10弾(R3.7~)ANA航空教室 ※予定

(きっかけ/背景)
・ANAは佐賀空港開港(1998.7.28)以来の特別なパートナー。
・過去、佐賀空港が厳しい時にANAが佐賀の空を支え続けてくれた。
・コロナ禍でANAが未曽有の事態に陥っており、厳しい時こそ絆を深め、支え合い、一緒に難局を乗り切っていきたいとの思いで、プロジェクト始動。
・コロナ禍中はもとより、コロナ収束後も見据えて、双方WINWINとなる連携企画を展開中。

(主な成果)
・ANA役員や社員から、佐賀県への感謝の言葉が多数寄せられるなど、関係深化。
・全国に先駆けての社員受入の合意などが、報道等を通じて、全国に拡大。