政策個表

タイトル 新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛に対応した子育て支援
施策・事業名称 オンラインおしゃべり広場
都道府県名 広島県 本件問合先 健康福祉局子供未来応援課
分野 健康福祉 082-513-3171
fukodomo@pref.hiroshima.lg.jp
内容 1 現状と課題
令和2年4月,新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛に伴い,多くの地域子育て支援拠点が休館するなど,子育て中の親が気軽に相談・交流する場が失われた。そのため,親のストレスや不安の増加,さらには,それらがDVや児童虐待等に繋がることも懸念されたため,この状況に対応した支援が必要である。

2 めざす姿
オンラインを活用した交流や相談を開催することにより,在宅で子育てをしている保護者同士の会話を通し,ストレス発散や安心感を得られる場を構築するとともに,個々の保護者の不安や悩みに対応した支援に繋げる。

3 取組の方向性
地域社会全体で子育て家庭を見守り・支援する取組みにおいて,オンラインを活用した支援は「子育て家庭との相談・交流」や「市町と地域子育て支援拠点の連携・情報共有」といった通常の子育て支援を補強するツールの一つとして活用促進を図る。

4 基本事業
・各市町の「地域子育て支援拠点」スタッフがオンラインで親子が集う場を設け,地域の子育て親子が交流・相談する。
・気になる親子がいた場合は,市町のネウボラ・母子保健窓口に情報提供し,必要な支援に繋げるほか,保健指導や個別相談のオンライン実施にも活用する。
【取組の特徴(特に工夫している点)】
・県でタブレットを一括購入し,オンラインミーティングアプリ(ZOOM)をインストールし,県内
23市町の地域子育て支援拠点及び母子保健窓口に配付した。通信費も県で負担することにより,スムーズな実施となっている。
・配付と同時に機器の操作やオンライン上のファシリテーションの不安解消のためのオンライ
ン研修を実施し,実践者のスキルアップを図るとともに,情報交流会により個々の取組のブラッシュアップを図っている。
オンライン「おしゃべり広場」のイメージ
オンライン「おしゃべり広場」のイメージ
関連
ホームページ
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/248/osyaberihiroba.html
https://www.ikuchan.or.jp/news/202004/070830.html