政策個表

タイトル 被災地域の活力ある復興に向けた住宅再建支援の取り組み
施策・事業名称 鳥取県被災者住宅再建等支援制度
都道府県名 鳥取県 本件問合先 鳥取県生活環境部くらしの安心局住まいまちづくり課
分野 防災・危機管理 0857-26-7371
sumaimachizukuri@pref.tottori.lg.jp
内容 1 経緯

平成12年10月6日に発生した「鳥取県西部地震」での災害復興対応を踏まえ、将来発生する可能性のある大規模な自然災害への円滑な対応を図るための事前策として、平成13年7月6日に「鳥取県被災者住宅再建支援条例」を制定・施行。
平成28年10月21日に発生した「鳥取県中部地震」への対応等を踏まえ、制度の一部見直しを実施。
国が災害救助法に定める応急修理の対象を一部損壊(被害割合10%以上)まで拡充したことを踏まえ、令和元年度に県制度の一部損壊世帯に対する支援制度の見直しを実施。
2 目的

自然災害により住宅に著しい被害を受けた地域において、県及び県内市町村が相互扶助の観点から拠出した基金を活用して、住宅本体への補助を交付するための措置を定めることにより、復興を促進し、地域の維持と再生を図る。

3 制度の内容
(1)基金の積み立て

・県及び市町村が、年5,000万円ずつ拠出し、毎年1億円を積み立て
・積み立て目標額:20億円

(2)被災者住宅再建支援事業費補助金の交付

・対象となる災害の要件
異常な自然現象による災害(暴風、豪雨、豪雪、地震等)により、
1 県内で10戸以上の住宅が全壊したもの
2 一の市町村で5以上の住宅が全壊したもの
3 一の集落でその世帯数の2分の1かつ2以上の住宅が全壊したもの
4 その他被災地域における地域社会の崩壊を招く恐れのある被害が発生したもので
知事が参加市町村に協議して指定したもの

・補助事業の内容
(1)被災住宅の所有者が、住宅の新築、購入、補修を行う場合に要する経費に対する助成
全壊世帯 建設・購入:300万円、補修:200万円
大規模半壊世帯 建設・購入:250万円、補修:150万円
半壊世帯 建設・購入:100万円、補修:100万円
一部損壊世帯 被害割合10%以上:建設・購入30万円、補修上限30万円(応急修理に要した額を控除した額)、5%以上:5万円、5%未満:2万円

(2)住宅に重大な損害を及ぼすおそれのある擁壁等の修繕への支援(上限100万円)

・補助金負担区分
基金:8/10、県費:1/10、市町村費:1/10
関連
ホームページ
http://www.pref.tottori.lg.jp/12716.htm