政策個表

タイトル 橋の老朽化の進行に対応するための維持管理システムづくり
施策・事業名称 青森県橋梁アセットマネジメントシステム構築
都道府県名 青森県 本件問合先 県土整備部道路課
分野 地域振興・まちづくり 017-734-9658
doro@pref.aomori.lg.jp
内容 青森県が管理している橋梁の建設・供用開始時期は1960年以降に集中していることから、供用後50年経過した老朽橋梁の割合は今後急増し、平成30年では18パーセント、令和10年には40%にも達するなど、橋梁の大量更新の時代に突入しつつあります。
公共事業の予算が年々縮小される中で、橋梁の大量更新時代を迎えるにあたり、従来の事後保全的な手法では適正な維持管理が困難であると判断し、青森県では限られた予算で橋梁の維持管理を効率的に行っていく手法として、予防保全による長寿命化を柱とする「橋梁アセットマネジメント」のシステム構築等に着手し、平成18年4月からシステムを活用した橋梁の維持管理をスタートしました。
青森県のシステムの特長は、橋梁アセットマネジメントの実施に必要な「もの(ITシステム)」、「しくみ(マニュアル)」並びに「ひと(人材育成)」のそれぞれの面から検討にアプローチし、それらを体系的にまとめ上げ、アセットマネジメントによる橋梁の維持管理のトータルマネジメントシステムを確立したことにあります。
青森県の橋梁アセットマネジメントはやっと軌道に乗ってきたところであり、今後も劣化予測の精度向上など質的改良を加えながら、継続的に粘り強く取り組んでいく予定です。

参考:青森県の管理する橋梁の数(令和4年4月1日現在)
橋梁全体数:2,257橋
橋長15m以上: 861橋(38%)
橋長15m未満:1,373橋(61%)
横断歩道橋 : 23橋( 1%)
日本海側の飛来塩分で損傷した橋の桁
日本海側の飛来塩分で損傷した橋の桁