政策個表

タイトル 環境創造への先導的取組
施策・事業名称 廃棄物の減量化・資源化
都道府県名 広島県 本件問合先 環境県民局循環型社会課
分野 環境 082-513-2958
kanjunkan@pref.hiroshima.lg.jp
内容 1.現状と課題
廃棄物の発生抑制,再使用,再生利用と熱回収(サーマルリサイクル)による資源の有効利用,適正処理を総合的・計画的に進める必要がある。

2.目指す姿
廃棄物の減量化・資源化を通じた循環型社会の実現

3.取組の方向
一般廃棄物の広域処理とサーマルリサイクルを通じてダイオキシン類,二酸化炭素の削減等環境対策を進めるとともに,資源・エネルギー対策を進め,併せて市町の廃棄物処理コストの低減を図るため,福山リサイクル発電(株)によるRDF発電・灰溶融事業を実施する。

4.基本事業
◆減量化・資源化の取組の推進
○福山リサイクル発電事業
・整備場所 福山市箕沖町107-8
・処理方式 シャフト炉式ガス化溶融炉(1炉)
・施設規模
RDF燃焼量 314t/日
発電端出力 21,600kW
発電端効率 28.1%
・建設費 88.8億円
・工期 平成14年2月〜平成16年3月(平成16年4月操業開始)
・RDF製造施設 4施設(福山市,府中市,庄原市,神石高原町)
・令和元年度稼働実績
RDF処理量 約56.3千t
売電電力量 約70.0百万kWh
福山リサイクル発電所
福山リサイクル発電所
関連
ホームページ
http://www.frpc.co.jp/