平成26年10月 阿部守一長野県知事

   このたび、9月1日から2期目の長野県政を担わせていただくことになりました阿部守一です。どうぞよろしくお願い致します。

   はじめに、9月27日に発生した御嶽山の噴火においては、関係機関や各都県から、救助、医療面等でさまざまなご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

   長野県では、引き続き災害への対応に全力を尽くしてまいります。

   地方創生が日本全体の大きな政策テーマとなりました。私は、独自の伝統や文化を持ち、美しく豊かな自然環境に恵まれ、地域の絆や自治意識が強い長野県こそが、地方創生のフロントランナーにならなければいけないと考えています。

   そして、長野県の強みにさらに磨きをかけることで、世界に通用する新たな価値を創造していくことができると信じています。

長野県の強みはさまざまあります。

   一つは、県内77市町村全てが、感動と癒しの場であり、人を惹きつける魅力があるということ。グローバル社会において存在感があり、世界中の人々が訪れたくなる魅力的な県づくりを積極的に推進してまいります。

  また、男女とも平均寿命日本一となった健康長寿県であることも強みの一つです。その強みをより強固なものにするため、運動習慣の定着、定期的な健診の受診、食生活の改善を通じて健康づくりに取り組む「信州ACE(エース)プロジェクト」を今年からスタートしました。世界に誇れる健康長寿県を将来にわたって継承し、県民一人ひとりが生きがいを持ち、健康で自分らしい生涯を安心して送ることができる県づくりを目指して取り組んでいきます。

   こうした取り組みを全国に、そして世界に発信する場として、今月26日、東京銀座に首都圏総合活動拠点「銀座NAGANO~しあわせ信州シェアスペース~」をオープン致します。

   信州の優れた「ヒト」、「コト」、「モノ」をトータルな形で発信していく拠点として、信州ではごくあたりまえの暮らしの中にある美しさと健康がもたらす“しあわせ”を、より多くの方々とシェア(分かちあい)していきたいと思っています。ここでの出会いや体験を通じ、多くの皆さまに信州の魅力を体感いただければ幸いです。

   昨年、本県は「しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)」を策定致しました。プランに掲げる「確かな暮らしが営まれる美しい信州」を目指して、今後とも、県民の皆さまの思いにしっかりと寄り添い、「共感」と「対話」を大切にして、県政を進めてまいります。