平成27年03月 山口祥義佐賀県知事

   このたび佐賀県知事に就任いたしました山口祥義です。

   日本全体が一丸になって豊かさを目指した右肩上がりの時代は終わり、様々な価値観を大切にしながら、地域のことは地域の皆で決めていく新しい時代が到来しています。また、ウェブの普及や情報化の進展により、世界への情報発信が簡単にできる時代になりました。

   優れた農水産品、美しい陶磁器、連綿と続く歴史や文化など、佐賀県には「本物」の地域資源があります。情報化が進展している今こそ、佐賀県が世界に飛躍すべき時です。知恵と戦略で、世界に佐賀をPRできます。

   地域の資源と、現場の知恵を組み合わせて、地域発で新たな価値を創り出すことができれば、きっと世界一、産業が光る佐賀県になるための力になります。ここには、これまで私が培った地域振興のノウハウや経験を発揮していきます。

   また、地域の課題は地域で、地域から解決するのが地方自治の原点です。県民協働や草の根の活動の支援を通じて、現場のやる気を県政に反映させる、世界一、地域が輝く佐賀県をつくりたいと考えています。

   県政は県民一人一人のものです。その目的は、誰もが、昨日よりも今日、今日よりも明日、少しずつでも幸せになっていくこと。県民それぞれの思いに敏感な、世界一、人を大切にした県政を進めていきます。

   そして、県民の皆さんの「思い」や「考え」を実現するには、プロセスが大切になります。佐賀県が向き合っている国家的課題も含めて、皆で輪になって、オープンな議論を積み重ねた上で、トップとして真に決断が必要な時には、現場をよく見て責任を持って判断したいと思います。

   これからの4年間、「世界に誇れる佐賀づくり」を目指して、全力を捧げてまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。