平成27年06月 大村秀章愛知県知事

日本一 元気な愛知をめざして

   愛知県知事の大村秀章でございます。

   今、愛知県では、『リニア・ジェット・FCV』という日本の未来をつくるプロジェクトが動き出しています。2027年度に東京・名古屋間の開通を目指すリニア中央新幹線、国産初のジェット旅客機、世界初の燃料電池自動車(FCV)は、日本一の産業県である愛知が将来に向けて発展していくための大きな芽です。これらを必ず成功させ、愛知の経済・産業を強くしていく中で、若者や女性の雇用を増やし、人づくりを進め、すべての人が活躍し、人が輝く愛知をつくっていく、そのことでさらに地域を元気にするという好循環をさらに前進させてまいりたいと考えております。

   本県では、観光集客を製造業に続く新たな戦略産業と位置づけ、2015年を『あいち観光元年』と宣言しました。今年4月からは、新たに観光局を設置して体制を強化し、武将観光や産業観光の推進、観光拠点づくりなどに力を入れ、国内外から多くの方々を惹きつけられる愛知づくりに取り組んでまいります。特に、地域を挙げたプロジェクトとして、政府系会議や大規模国際会議を始めとするMICE誘致に積極的に取り組みます。

   また、全国、世界に打ち出せるスポーツ大会の誘致・育成など、スポーツ振興にも力を入れてまいります。そのため、4月から新たに『あいちスポーツコミッション』を立ち上げ、FIFAフットサルワールドカップ2020の招致・支援や、ラグビーワールドカップ2019の豊田市での開催に向けた支援、東京オリンピック・パラリンピック関連の合宿誘致に重点的に取り組みます。こうしたコミッションの活動を通じて愛知の魅力を世界にしっかりと発信し、大いに盛り上げてまいりたいと考えております。

   そして、愛知万博10周年となる今年は、9月12日から11月8日にかけ、愛・地球博記念公園をメイン会場に、「愛・地球博の思い出」を振り返るとともに、「花を愛し、緑のチカラを知る」をテーマとして、「第32回全国都市緑化あいちフェア」を開催します。52年連続花き産出額日本一という「花の王国あいち」の特色を生かした魅力あふれる花と緑のフェアにしてまいりたいと考えております。さらにスタジオジブリとタイアップした企画も開催しますので、多くの方々にお越しいただき、楽しんでいただきたいと考えております。

   このほか、社会インフラの整備、次世代産業の育成などの産業振興、環境対策、教育・医療・福祉などの人づくり、地震防災対策など、様々な施策を、スピード感を持って全力で取り組んでまいります。

   こうした取組により、「日本一元気な愛知」と豊かさを実感できる県民生活の実現を目指し、「人が輝く愛知」、「人財力」を高めていく、そうした「光り輝く愛知」をしっかりつくり、日本の活力を取り戻す大きな核としての役割を果たしてまいります。