平成28年12月 小池百合子東京都知事

小池東京都知事   このたび、東京都知事に就任いたしました小池百合子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

   東京は今、かつてない大きな局面を迎えております。人口減少社会の到来や、高齢化のさらなる進展。グローバルな都市間競争も、激化する一方であります。こうした中にあって、東京、そして日本全体がこの先も成長を続けていくため、微力ながら力を尽くしたいと存じます。

   例えば、女性の活躍。これから先、女性の活躍なくして、東京・日本のさらなる成長は望めません。待機児童の解消を目指すことはもとより、高度経済成長期のモデルがいまなお残る「働き方」の意識改革を進め、男性も女性も「ライフ・ワーク・バランス」を進めていくことが、女性活躍に向けた大きな鍵を握ると考えております。一つひとつの課題に対し、様々な観点から、解決に向けた知恵を絞ってまいります。

   新たな発想で課題解決を図る具体的な道筋を明らかにするため、現在、東京都では、「2020年に向けた実行プラン(仮称)」の策定を進めております。私の政治信条は「大義」と「共感」でありますが、まさに、東京・日本の明るい未来のための「大義」ある政策を、都民の「共感」を呼ぶ形で具体化していく。そして、スピード感を持ってこれらに取り組み、全国の皆様とも切磋琢磨しながら、日本の成長を牽引する「持続可能な首都・東京」を創り上げてまいります。

 

   さて、4年後には、いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を迎えます。私は、この大会を、日本はもとより、世界中の誰もが記憶に残る大会として成功させたいと思っております。そのためには、全国の自治体、地域の皆さま方のご協力が不可欠です。

   また、東京2020大会は、スポーツのみならず、観光や文化など日本各地の素晴らしい魅力を、世界に発信する絶好の機会です。ぜひ、オールジャパンで世界の人々をお出迎えし、日本全体をアピールしてまいりましょう。

   東京2020大会の成果を一過性のものとしてはなりません。大会を契機として、それぞれの地方で素晴らしいレガシーが残り、日本全体が活気づくことを願っております。全国の皆さまと手を携え、全力で取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。