令和02年01月 山本 一太 群馬県知事

「県民の幸福度」向上と「新たなプライド」の醸成~群馬の魅力を世界に発信!~

山本群馬県知事
 昨年7月に、群馬県知事に就任いたしました山本一太です。どうぞよろしくお願いいたします。
 私は群馬県選出の参議院議員として、過去24年間働かせていただきました。これからは現場で汗をかくプレーヤーの代表として、生まれ育った群馬県のために全力で働かせていただく覚悟です。
 私の究極の目標は「県民の幸福度」を向上させることです。そのためには、医療・福祉・介護等の社会保障や教育・子育て環境を少しでも充実させ、災害から県民の生命や財産を守るための県土強靱化など、県民の安心を支える社会基盤を構築することが不可欠です。
 また、県民の「新たなプライド」を醸成することも重要です。群馬県は豊かな観光資源やバランスの良い住環境など魅力にあふれていますが、その潜在力に見合った評価を得ているとは言い難い状況にあります。
 こうしたことから、知事就任後すぐに、群馬県の魅力を国内外に情報発信するため、最新の「動画・放送スタジオ」を県庁の最上階に整備することを決めました。4月からは、このスタジオでインターネットを最大限に活用しながら、色々な番組を世界中に発信するとともに、知事の精力的なトップセールスにより、群馬県のブランドと存在感を高め、多くの県民が感じている停滞感を果敢に打ち破っていきます。
県庁32階動画・放送スタジオ設置予定場所 県庁最上階(32階)からの眺望
県庁32階動画・放送スタジオ設置予定場所 県庁最上階(32階)からの眺望

 現在、群馬県では様々な取組が同時進行で進んでいます。昨年10月に、これらを整理し、今後1年間に取り組む工程表として、「全力疾走366プラン」を発表しました。今年はオリンピックイヤーで1年が366日ということと、「群馬の未来を描く3つの英知」、「県民の幸福度を高める6つの検討」、「知事選の公約を実現する6つの取組」というプランの内容をかけて、ネーミングをしました。

 また、今年は、群馬県の20年後を見据えた長期の「ビジョン」と、今後重点的に取り組む具体的な政策を体系化した「基本計画」からなる、新たな県総合計画を10月に策定します。各分野の第一線で活躍されている方々で構成する懇談会での議論や当代一流の有識者の方々を招いて行うヒアリングなどを通じて、「新・群馬」を創造する指針となるようしっかりと検討を進めていきます。
 私のスローガンは「世界で1人しかいない知事になって、群馬県を世界中に発信する」ことです。新たな県総合計画をはじめ、全力疾走366プランに掲げる群馬県をさらに輝かせるための政策を強力に推進し、世界で1つだけの群馬を発信していきます。そして、県民の幸福度を上昇させ、県民の新たなプライドを醸成するため、群馬のリーダーである知事として常に先頭に立って、全身全霊で取り組んでまいります。