平成27年02月12日 第5回 国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議について

   2月12日(木曜日)、第5回国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議が開催され、塩崎厚生労働大臣、永岡厚生労働副大臣、橋本厚生労働大臣政務官と地方三団体の代表による政務協議が行われました。本会からは社会保障常任委員長(福田栃木県知事)が出席し、国民健康保険制度の見直し(議論のとりまとめ)(案)について意見を述べました。

   塩崎厚生労働大臣から、国は、今回の改革後においても、国保制度の安定的な運営が持続するよう責任を持って取り組んでまいりたい、との挨拶がありました。

   意見交換において、福田栃木県知事からは、国は今後の医療費の増嵩に対応した財政支援を行うとともに、改正法案には、他の法律の書きぶりも参考にして、国の財政支援の在り方について検討し必要な財政上の措置を講ずる旨の検討規定をその附則に書き込む、あるいは覚書を締結するなどの対応を取るよう要請しました。

   塩崎厚生労働大臣からは、「国保制度の安定的な運営が持続するように、改革後も医療保険制度間の公平に留意をしながら国保制度全般について必要な検討を進めて、その結果に基づいて必要な対応を取っていきたい。また、国の財政措置の明記については、その指摘を十分踏まえてしっかり取り組んでいきたい。」との回答がありました。

   議論のとりまとめ(案)については原案どおり了承され、今後はとりまとめの内容に沿った必要な法律案を平成27年の通常国会に提出するとともに早期成立を目指すこととされました。

 

福田社会保障常任委員長(栃木県知事)

 

 

資 料

厚生労働省資料

全国知事会提出資料

 

お問い合わせ先

調査第二部(03-5212-9131)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。