令和3年4月2日 新型コロナウイルス感染症に係る宮城県への看護師等の派遣について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、村井宮城県知事から、全国知事会に対して看護師の派遣要請がありました。宮城県には、12道県30名の看護師を派遣するよう調整を進め、一部は既に活動を開始しております。
 また、宮城県には、要請に基づき、保健師等、15道県54名を派遣(厚生労働省が調整)いたしますので、併せてお知らせいたします。
 なお、人数等は、今後の感染状況によって、変更となる場合があります。
 
1 看護師派遣
  要請日 令和3年3月26日  
  派遣人数 12道県 30名  
  派遣府県
 

 
北海道、青森県、岩手県、秋田県、福島県、新潟県、
石川県、山梨県、広島県、徳島県、高知県、熊本県
 
  業務内容
 

 
重点医療機関における看護業務支援
宿泊療養施設における健康管理業務
 
  活動期間 4月2日(金曜日)から(岩手県は3月から活動中)  
  ※なお派遣人数には個別に要請された岩手県の数を含む  
   
2 保健師派遣  
  派遣人数 15道県54名  
  派遣県

 


 
北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県、
新潟県、富山県、石川県、静岡県、鳥取県、島根県、
広島県、熊本県、鹿児島県
 
  業務内容 仙台市内保健所における積極的疫学調査等の業務  
  活動期間 令和3月19日(金曜日)から  
     

 

お問い合わせ先

調査第二部(03-5212-9131)