平成20年12月19日 「全国知事会議」の開催について

 12月19日(金曜日)都道府県会館において、全国知事会議を開催しました。
 冒頭、鳩山総務大臣からご挨拶をいただいた後、瀧野総務事務次官から平成21年度の地方財政対策等について説明があり、意見交換を行いました。
 その後、現在の経済情勢下での厳しい雇用状況を踏まえ、本会に緊急雇用対策本部(本部長 松沢神奈川県知事)を設置し、地方自治体による雇用対策の情報交換や国への提言等を行っていくことを決定しました。
 また、地方分権改革について協議し、先に地方分権改革推進委員会が第二次勧告を行ったことを踏まえ、今後、政府が出先機関の見直しの工程表を策定するに当たっての具体的要請等を内容とする「地方分権改革の推進に関する決議」をとりまとめました。
 その他、「今後の地方自治体における公会計制度のあり方に関する提言」等の3件の提言のほか、当日行われた自治医科大学運営小委員会での協議結果、男女共同参画による防災施策の取組及び平成21年度全国知事会予算等の報告が行われました。
 なお、当日の資料等は、下記のとおりです。

麻生全国知事会会長

鳩山総務大臣

全国知事会議の模様

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。