平成21年05月18日 「全国知事会議」の開催について

 5月18日(月曜日)、都道府県会館において全国知事会議を開催しました。
会議では麻生会長の再選(3選)等役員の選任のほか、第二期地方分権改革の取組み、総選挙に向けた政権公約への対応、直轄事業負担金問題、本会の運営及び新型インフルエンザ対策等について協議が行われ、協議の結果、「地方分権改革の実現を求める緊急アピール」と「新型インフルエンザ対策に関する緊急決議」が決定されました。
その他、時代に対応した新たな過疎対策法の制定について、「農地改革プラン」についての申し入れ、基金造成による地方消費税行政活性化事業についての申し入れ等の報告が行われました。
 また、会議には舛添厚生労働大臣が出席され、新型インフルエンザ対策についての報告と意見交換が行われました。その際に、上記の緊急決議を提出しました。
 なお、会議終了後に麻生会長、山田地方分権推進特別委員会委員長(京都府知事)が記者会見を行いました。

冒頭、挨拶を述べる麻生会長

全国知事会議の様子

記者会見を行う麻生会長(写真左)と山田地方分権推進特別委員会委員長(写真右)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。