平成22年12月22日 「全国知事会議」の開催について

 12月22日(水曜日)、都道府県会館において全国知事会議を開催しました。
 会議では、片山総務大臣からご挨拶をいただいた後、23年度地方財政への対応、子ども手当等について意見交換を行いました。
 その後、平成23年度地方財政対策・税制改正、国の出先機関の原則廃止、義務付け・枠付け撤廃のための特区提案、一括交付金、子ども手当、医療制度改革、都道府県行政改革白書、国等への寄付禁止規定の見直し、地方債協議制度の見直し、地方自治法の見直しについて、各委員会委員長やプロジェクトチームリーダーから説明を受け、協議を行いました。
 また、沖縄県知事から米軍普天間基地の移設問題について発言があり、知事会として5月の「普天間基地の移設及び沖縄県の負担軽減について」の見解に基づき、引き続き対応していくこととしました。
 そのほか、役員(副会長、理事)の選任、事務総長の選任を行ったほか、特別委員会委員の選任、平成23年度全国知事会予算等についての報告が行われました。
 会議終了後、麻生会長が記者会見を行いました。
 なお、当日の資料は下記のとおりです。

(問い合わせ先:総務部 03-5212-9127)

麻生全国知事会会長(福岡県知事)

片山総務大臣

全国知事会議の様子

記者会見の様子①

記者会見の様子②

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。