平成19年06月01日 欧州評議会・地方自治体会議総会について

 欧州評議会(本部:仏ストラスブール)から本会に対し、同会議の総会において日本の知事に日本の地方行政についての講演をお願いしたいとの招請があり、本会を代表して古田岐阜県知事が訪仏しました。
 6月1日の総会において、古田知事は、日本における地方分権の流れやこれまでの地方分権改革に対する評価、さらには第二期地方分権改革の状況及び道州制の検討状況等について、今後の展望を交え、フランス語で講演を行いました。
 講演後、各国からの参加者との間で日本の地方分権についての質疑応答が行われ、古田知事に対し、議長や参加者から講演に対する謝意が示されました。
 また、古田知事一行は、訪仏の期間中、スカード欧州評議会地方自治体会議議長をはじめとする欧州評議会関係要人やアルザス州議会議長兼州知事、仏内務省調査・未来研究センター所長、家族問題省庁間連絡会議の局長補佐官らと意見交換を行いました。